編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

VR内で終日勤務--集中力と生産性が高まる「無限」の作業場

Allison Murray (ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2022-04-22 07:30

 Paul Tomlinson氏は、デスクの前に座るのではなく、ヘッドセットを装着して宇宙から地球を眺めながら、コーディングやメッセージ、Spotify用のさまざまな画面を開いて働く時間が、週に40〜50時間にも及ぶ。熱帯のラグーンを見下ろしながら、電子メールに対応することもある。

 他の人々がデスクでコーヒーをすする同僚を見ながら仕事をする一方で、同氏はキャンプファイヤーのそばや潜水艦の上から会議に参加する。それが可能なのは、Tomlinson氏が何年も前から、仮想現実(VR)の中で勤務日、勤務週の多くを過ごしているからだ。

 Tomlinson氏は2014年からVRを娯楽として使用していたが、2019年に仕事にも利用できることに気づき、そのチャンスに飛びついた。

 「それから1週間以内に、デスク全体を整理して、モニターや不要なものをすべて取り除き、入力システムと周辺機器、飲み物、猫用の箱だけを残した」とTomlinson氏。「今では、椅子とキーボードしかない」

 Tomlinson氏やその他の多くのビジネスパーソンにとって、VRの中で仕事をするとワークフローや生産性の面でメリットがあることが実証されている。

 「私に大きな自由を与えてくれる。画面スペースを必要な分だけリサイズ、再配置、追加、削除することができる。目を細めたり、身を乗り出したり、首を伸ばしたり、開いたばかりのアプリケーションウィンドウを探したりする必要もないし、何かを表示するスペースを見つけるのに苦労することもない」。こう語るTomlinson氏は、VR内で働いた経験を「Working from Orbit」というブログにつづり、大きな話題を呼んだ。

 Tomlinson氏は現在、週に2〜3日は「Oculus Quest 2」ヘッドセットの仮想世界の中だけで働いている。同氏はそれによって集中力と生産性が高まったと述べた。その原因は、物理的に作業用スペースを区切って気を散らす要素を制限し、「Immersed」「Spatial」「Horizon Workrooms」「Noda」などの各種VRアプリを使用して仕事に没頭できることだという。

 さらに、同氏はVRによって、現実世界では再現不可能な新しい能力を得られている。

 「ホワイトボードのスペースは無限であり、マーカーペンを使うだけでなく、他にも多くの物体や写真などを含めることができる。物体の拡大と縮小もできるし、自分自身のサイズ変更も可能だ」とTomlinson氏。「会場自体を変更して、キャンプファイヤーの周りや潜水艦の上で会議を開くことができる」

 Tomlinson氏が参加しているFacebookグループ「XR4Work」は、1400人以上のメンバーがVR世界での仕事に関するヒントや経験、業界ニュースを共有しているコミュニティーだ。

 グループの共同作成者であるRick Casteel氏によると、メンバーは作家、開発者、不動産業者、自動車デザイナーなど、さまざまな業界にまたがっており、全員がVRを日常業務で活用しているという。

 Casteel氏は、オンボーディングでのVRの使用が、最近特に目にするユースケースだと述べ、その例として、新入社員の研修に仮想現実を利用する航空会社を挙げた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]