東芝デジタルソリューションズ、ビッグデータ・IoT向けデータベースを提供

NO BUDGET

2022-04-25 17:19

 東芝デジタルソリューションズは、高頻度で大量に発生するIoTデータやビッグデータの管理に適した「GridDB」の新バージョンとして、アーキテクチャーを大幅に刷新した「GridDB 5.0 Enterprise Edition」(GridDB 5 EE)の提供を開始した。

 GridDB 5 EEでは、単一のデータベース管理システム(DBMS)でありながら複数のデータモデルを扱うことを可能とした、プラガブルデータストアを搭載。これまでGridDBが提供してきた高頻度で大量なデータ登録に適したデータストアに加え、複雑な分析を高速に行うことができるデータストアや、ログなどの文章を蓄積することが得意なデータストアを組み込める。

 近年、IoTで扱われるデータやその活用方法が多様化しており、その結果、データモデルも多様化している。このため新たなデータモデルを扱う際、複数のDBMSを用意したり、無理やり単一のDBMSで対応したりしているのが現状だ。しかしそのような対応方法では、システムの煩雑化、構築/運用コストの上昇、リアルタイム性の損失などの問題が生じる。

 GridDB 5 EEは、独自の高効率チェックポイントアルゴリズム技術 HCAL(Highly efficient Checkpoint Algorithm for Large-scale data)による新チェックポイント方式を導入し、チェックポイント時のファイルへのログ書き込み量を削減し、ディスクI/O負荷を低減させた。

 チェックポイントとはDBMSで、データベースへの変更をストレージ(外部記憶装置)上のファイルに書き込む処理のこと。データベースの内容の変更はまずメインメモリー(RAM)上で行い、ストレージへの反映は変更内容がある程度溜まってからまとめて行う。

 新チェックポイント方式により頻繁にデータの追加・更新を行うシステムでは、システムの負荷が下がり、その結果より多くのデータベース処理を実行できるようになる。また、テーブルごとに固有のブロックを割り当てることで、テーブル単位のスキャンや削除を高速化できる機能を追加した。テーブルスキャンが多用されるデータ分析クエリーなどで有効となる。さらに削除予定のテーブルを指定しておけばテーブル削除が高速になる。

 これらの性能改善を行うことで、データベースの性能比較するためのベンチマークテスト(TPC-H)で、17〜46%(平均26%)改善した。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]