パロアルトネットワークス、ソフトウェア開発のセキュリティ検査機能を提供

ZDNet Japan Staff

2022-04-25 15:00

 パロアルトネットワークスは、ソフトウェアのサプライチェーンにおけるセキュリティを強化する新サービス「Prisma Cloud Supply Chain Security」の国内提供を開始した。

 新サービスは、同社のクラウドネイティブアプリケーション保護プラットフォームの「Prisma Cloud」の新機能として提供され、ソフトウェア開発におけるコード上の脆弱性や設定ミスを特定する。

 具体的には、同社の「クラウドコードセキュリティスキャナー」によって、ソフトウェアのコード資産を抽出、モデル化し、攻撃対象領域全体の脆弱性を把握できるよう主要なアプリケーションとインフラストラクチャーにおける資産の依存関係をインベントリー情報として可視化する。また、脆弱性のある依存関係や誤って設定されたInfrastructure as Code(IaC)の修正、オープンソースパッケージに含まれる脆弱性の特定と修正、IaCの静的解析機能「Checkov」を活用したコード改ざん攻撃の防止を行える。

 同社は、現在のソリューションの多くがコードやクラウド上のリソース階層における脆弱性や設定ミスのみを通知するため、新機能により開発ライフサイクル全体の可視化と保護ができ、脆弱性がクラウドアーキテクチャーのどの階層に当てはまるかというコンテキストも提供できるようになると説明している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]