編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

「Edge」ブラウザー、毎月1GBまで無料のVPN機能を搭載へ

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-05-02 10:06

 Microsoftは新たなVPN機能「Edge Secure Network」によって、「Edge」ブラウザーのセキュリティをさらに強化しようとしている。同社のサポートページによると、この機能はCloudflareとの提携により提供される。

 Edgeの「Dev Channel」テスターにもまだ提供されておらず、提供が始まる時期も不明だ。利用するには「Microsoftアカウント」にサインインする必要があり、そのアカウントで1カ月に1GBまで無料で利用できるという。

 サポートページによると、Edge Secure Networkは、暗号化されたトンネルを介してEdgeからのデータをルーティングすることで、「HTTPで始まる、安全でないURLを使用している場合でも」ユーザーのインターネット接続を暗号化するという。この暗号化は、公共Wi-Fiネットワーク経由で閲覧データにアクセスするハッカーからユーザーを守る追加の保護レイヤーを提供する。Cloudflareは、収集した診断データとサポートデータを25時間ごとに完全に削除する。

 Edge Secure Networkはオンライントラッキングや位置情報の追跡防止にも効果があるという。

 サポートページには、提供開始後にこの機能を有効にする手順も記載されている。

 Operaなど、一部のブラウザーベンダーはすでにVPN機能を標準で搭載している。Mozillaは独自のVPN機能を「Firefox」に標準搭載してはいないものの、別個のサービスとしてユーザーに提供している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]