編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

NTTデータとNTT、ITサービスの競争力強化で海外事業を統合へ

藤本和彦 (編集部)

2022-05-09 14:34

 NTTデータと日本電信電話(NTT)は5月9日、ITサービスの競争力強化に向け両社の海外事業を統合すると発表した。2022年10月1日にNTTデータが55%、NTTが45%の共同出資で海外事業会社を設立する。また、2023年7月に国内事業会社を新たに設立し、NTTデータの持株会社の傘下に国内事業会社、海外事業会社を配置する事業運営体制に移行する計画。

事業統合のステップ
事業統合のステップ

 NTT 代表取締役社長 社長執行役員の澤田純氏は、同社グループのグローバル事業について「海外営業利益率は2021年度において6%を超えるまで伸張する見込み。2023年度の中期財務目標である7%は射程内にある」と話す。

 また、さらなる事業拡大に向けた取り組みとして、澤田氏は「グローバルカバナンスの強化」と「ビジネスユーザー向けグローバル事業能力の強化」を挙げる。

NTT 代表取締役社長 社長執行役員の澤田純氏
NTT 代表取締役社長 社長執行役員の澤田純氏

 グローバルカバナンスの強化では、NTTグループのグローバル人材を結集し、グローバルガバナンスに知見を持ったリーダーシップの下で自律的に経営し、事業ポートフォリオの拡張による安定した収益構造の実現を目指す。

 グローバル事業能力の強化については、ビジネスコンサルティング、IoTデバイスからクラウドまでのサービスオペレーションをフルスタックで提供する。それにより、複数の顧客や業界で活用可能なデジタルプラットフォームを実装できる、価値あるパートナーを目指すとしている。

NTTデータ 代表取締役社長の本間洋氏
NTTデータ 代表取締役社長の本間洋氏

 NTTデータ 代表取締役社長の本間洋氏は、「ITとデジタルの普及により、企業活動から消費・生活スタイルまで大きく変化しており、企業が対応しなければならない課題、ニーズは複雑化・多様化している」といい、「テクノロジーの進化によってあらゆるデータを活用したサービスの高度化が進み、新しい社会の実現に向けてEdge to Cloudの重要性が高まっている」と社会トレンドの変化を振り返る。

 NTTデータでは、2022~2025年の新中期経営計画で「Realizing a Sustainable Future」を掲げ、「未来に向けた価値を作り、さまざまな人々をテクノロジーでつなぐことでお客さまとともにサステナブル(持続可能)な社会を実現する」(本間氏)という。

 本間氏はNTTデータの中核能力として「深い顧客理解と高度な技術力でシステムを作り上げる力」と「さまざまな企業システムや業界インフラを支える力」を挙げ、それぞれを“つくる力”と“つなぐ力”と表現する。今回の海外事業の統合によって、「つなぐ力による新たな競争優位性を獲得していく」と強調した。

事業統合の概要
事業統合の概要

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]