豊田通商、「SAP SuccessFactors」を採用--グローバルでの実績評価

NO BUDGET

2022-05-12 17:09

 SAPジャパンは、豊田通商が「SAP SuccessFactors」を採用したと発表した。システムの構築は、EYストラテジー・アンド・コンサルティングが担当する。

 トヨタグループの商社である豊田通商は、金属、グローバル部品・ロジスティクス、自動車、機械・エネルギー・プラントプロジェクト、化学品・エレクトロニクス、食料・生活産業本部、アフリカ本部の7つの営業本部による事業領域において、世界各地でビジネスを展開している。同社の中期経営計画では、ネクストモビリティー戦略、再生可能エネルギー戦略、アフリカ戦略、循環型静脈事業戦略に注力している。また、これらを加速する経営基盤の変革として、グローバル化とデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進している。

 SAP SuccessFactorsは、タレントマネジメント機能をはじめ、人材データを用いた分析が可能なクラウドベースの総合人事/人材管理ソリューション。豊田通商は、グローバルでのタレントマネジメントの実績を評価し、同ソリューションの採用に至ったという。

 SAPジャパンは、タレントマネジメント機能を導入することで、職務やポジションに対して最も適切なスキルや経験を保有している人材を割り当てる「適所適材」や、自身の能力を最も発揮できる分野へ人材を配置転換する「適材適所」、コア人材に必要なスキルや経験を特定し、計画的な人材育成を目指すことが可能になるとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]