編集部からのお知らせ
新着の記事まとめ「Emotet」動向

グーグル、「Android Studio」「Jetpack Compose」など開発ツールの改善を発表

Jason Cipriani (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-05-13 10:21

 Googleの年次開発者会議が開幕した。同社はそこで新しい「Pixel」ハードウェア、「Android 13」を含むさまざまなソフトウェア製品のアップデート、そして、もちろん開発者ツールも発表した。

提供:Jason Cipriani/ZDNet
提供:Jason Cipriani/ZDNet

 「Google I/O 2022」の冒頭の基調講演では、「Android Studio」「Jetpack Compose」「Android」タブレット向けのアプリ開発、「Wear OS」の改善、「Google Play」、新しい「Health Connect」プラットフォームなど、いくつかの改善と新機能が発表された。

 本記事では、Google I/O 2022で発表された新しい開発者ツール群について、簡単に解説する。

Android Studioでライブ編集が可能に

 開発者がAndroidアプリの作成に使用するソフトウェアスイートおよびツールであるAndroid Studioには、2つの新しいリリースがある。「Android Studio Dolphin Beta」と「Android Studio Electric Eel Canary」は、独創的な名前を持つだけでなく、それぞれ独自の新機能も備える2つの異なるビルドだ。

 Googleによると、Dolphin Betaリリースでは、開発者は以下の新機能にアクセスできるようになるという。

  • 「Animation Preview」でComposeのアニメーションを確認して調整する。
  • 複数のComposeプレビューを簡単に取り込んで適用できるように、アノテーションクラスを定義する。
  • 同時に複数の定義を行う。
  • 「Layout Inspector」でコンポーザブルの再コンポジションの回数を追跡する。
  • Wear OSエミュレーターを簡単にペアリングして制御し、タイルや文字盤、コンプリケーションをAndroid Studioから直接起動する。
  • 「Logcat V2」を使用して、アプリの問題をより迅速に診断する。

 しかし、Android StudioのCanaryビルドでは、開発者は、エミュレーターと物理デバイスの両方において、Compose Previewでの実行中アプリのコード変更をすぐに反映する新しい「Live Edit」機能を先行的に体験することができる。Canaryのそのほかの変更点には、依存関係についての洞察を提供する新しい「Google Play SDK Index」、Android Studioの「Firebase Crashlytics」、サイズ変更可能な「Android Emulator」が含まれる。

 Googleは、Android Studioのすべての新機能について、リリースやより安定したビルドへの移行を実施する前に、開発者からのフィードバックを集めたいと考えている。

「Android Jetpack」の開発者向けツールが拡充

 Android Jetpackは、開発者がアプリの改善のために使用するツールとAPIのリソースだ。「Jetpack Compose Beta 1.2」には、開発者がアプリ内で使用できる新しいAPIとツールがいくつか含まれている。新しいAPIには、アプリのパフォーマンス(例えば、フレーム落ち)を分析するための「JankStats」などがある。ダウンロード可能なフォント用の新しいAPI、ドラッグ&ドロップによるアプリ間でのデータ共有、アプリのベンチマークツールの強化も含まれる。

 ベータ版で利用可能なJetpack Composeの新バージョンもある。このバージョンは、GoogleのAndroid Wear OSプラットフォーム(発表されたばかりの「Pixel Watch」も含む)向けアプリの開発を支援することを目的としている。

ほかにも多くの改善点

 Googleは、JetpackとAndroid Studio以外にも新しいツールとイニシアチブを発表した。例えば、サムスンとGoogleのパートナーシップの下で構築された新しいHealth Connectプラットフォームは、ユーザーの健康データにアクセスすることを可能にする。

 「Android TV」OSに加えて、「Android for Cars」にも新機能が追加される予定だが、期待をそそる情報を小出しにしたことを別にすれば、Googleは、米国時間5月12日の各OSの開発者セッションで詳細を明らかにすると話すにとどめた。現時点で判明しているのは、2022年中に、新しいAPIにより、Android for CarsやWear OSアプリで「Google Assistant」をこれまでよりも簡単に利用できるようになるということだ。

 Google Playのアップデートに関しては、Google Play SDK Index、広告主がユーザーのプライバシーを尊重しながら広告を表示できるようにする「Privacy Sandbox on Android」、さまざまなチケットやカードを直接登録したり、分類したりできる「Google Wallet API」(以前の「Google Pay Passes API」)などがある。

 もちろん、Android 13はGoogle I/Oで重要な位置を占めており、開発者が統合できる新しいAPIやツールを多数備えている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]