編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」
DXビジネス推進におけるIT部門の役割

第3回:IT部門がDX新組織で主役になれていないケース

石橋正彦

2022-06-08 06:00

 第1回では、DX組織の人材の内訳より、IT部門とDXの係りについて、第2回では、「IT部門がDXの新組織で主役となっている」ケースでの要因を深堀した。第3回の本稿では、「IT部門がDXの新組織で主役になれていない」ケースでの要因(課題)を解説する。

図8.IT部門は蚊帳の外、新会社や新事業部(ビジネスサイド)が話を進める(出典:サイバー研究所、2022年5月)
図8.IT部門は蚊帳の外、新会社や新事業部(ビジネスサイド)が話を進める(出典:サイバー研究所、2022年5月)

 図8は、新会社を設立した企業の形態「1.単独型」「2.複数出資型」が、IT部門を飛び越して、新しく組織された事業部門と意気投合し、新しいビジネスモデルの設計をしている様子を示した。まだ「ITの話」(テクノロジー活用)までは出てきていないため、IT部門には声がかからない状態である。しかし、現状ではITの話になっても、いまだにIT部門に声がかからない(蚊帳の外)。これはなぜだろうか。

 DXビジネスの新会社や新事業部がIT部門に声をかけずどんどん話を進めてしまう要因は、彼らにとってDXが「ビジネスの話」なので当然である。ただ、DXは「デジタルの話」でもあるため、最終的には「ITの話」に戻ってくる必要がある。また、「DXはビジネスの話」と過信してIT部門が最初から関与していない案件は、「IT部門がDXの新組織で主役となれていないケース」となる。このようにDXが推進されるようになった2020年頃から2年ほどが経過し、疎外感を味わっているIT部門も多いはずだ。

 このケースにおける要因(課題)は、日頃からビジネスサイドがIT部門を、ビジネス案件を「否定的に見る」「リスクを大きく見て、コストを高く見積もる」と見なしていた点も否めない。ただIT部門側から見れば、新規ビジネスの新規のIT構築は、リスクも大きく、失敗する可能性も高い。そのため、ITの企画しか経験して来なかった本社IT部門だけでは、スピード重視で優位性を獲得するというDXの短期決戦での新規ビジネスのため新規のIT構築は、リスクそのものであり、DXの上流工程が開始される前の時点で、既に「パンドラの箱」となっている。

 それでは、なぜ図8のような、IT部門が「蚊帳の外」となる話が出てくるのか。IT部門に類似した経験はないのだろうか。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]