編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

NECとSISの為替BPOサービス、全国44信用金庫1033店舗で稼働

NO BUDGET

2022-05-23 12:23

 NECとしんきん情報サービス(SIS)が提供する、自動化機能を搭載した為替BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)サービスは、全国44信用金庫1033店舗で稼動を開始した。同サービスは2021年3月から提供されており、2023年3月には84信用金庫2100店舗での稼動を予定している。

 同サービスは、特性の異なる2つのOCR(光学文字認識)を用いて手書きの振込依頼書の文字を読み取り、ステム入力までを自動化する機能を備えている。

 さらに振込先などの過去の取引データを自動で参照することで、判別しにくい文字の読み取りを補助する。振込金額や振込指定日など過去の実績を参照できない情報については、2つのOCRエンジンが読み取った結果を独自の方法で相関チェックし、誤読を防止した上で自動発信処理を実行する。

 そして機械が判定できない項目のみ人手で入力し、効率化した作業で業務全体を支えるという。今後、人工知能(AI)を用いて制定帳票だけでなく私製帳票にも対応した自動処理機能を搭載する予定だ。

 現在稼動している1033店舗では、月間47万件、ピーク時には1日6万件の振込依頼を受け付けており、登録式連記帳票では70%以上、全体でも約60%を自動で処理している。今後は自動処理機能の性能を高めながら年間1000万件の為替振込処理に対応する。

 5月から未加入の信用金庫の利用に向け準備を開始するとともに、地方銀行などさまざまな金融機関への拡大を目指す。またBPOセンターに集約することによるサーバーやPCの効率的な運用や、自動処理を推進することによるPC稼動率の抑制で消費電力を削減するなど、持続可能な社会の実現に貢献する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]