編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

昇進して充実したキャリアを築く--ビジネスエキスパートが贈る5つのヒント

Mark Samuels (ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2022-05-23 07:30

 優れた学歴と確固たる実務経験は就職に有利に働く可能性があるが、昇進とキャリアの成功を決定づけるのは、履歴書の経歴というよりも、職場での成果だ。

 では、どうすれば昇進を勝ち取れるのか。ここでは、5人のビジネスエキスパートが、新しいプロジェクトへの挑戦から、責任の引き受け、管理職への昇進まで、出世のためのさまざまなベストプラクティスのヒントを紹介する。

1. 本当の自分を知ってもらう

 Adobeの最高情報責任者(CIO)であるCynthia Stoddard氏は、トップに立つことを目指すなら最初から素早く動くべきだ、と語る。Stoddard氏のアドバイスは、キャリアの早い段階で多くのことを試して、本当の自分を確実に知ってもらおうというものだ。

 「視野を広げて学び、自分が好きなものと好きではないものを正確に把握してほしい」とStoddard氏。「私のキャリアで実際に試してみて、好きになれなかったことがいくつかある。そのため、会社でさまざまな仕事に志願して、どのような仕事があるのか知ってほしい」

 Stoddard氏は、こうした経験を通して楽しめそうな分野に触れることができる、と述べた。何より重要なのは、これらのプロジェクトを利用して、一緒に働く人に自分個人について知ってもらうことだ。自分の豊富な経験をマネージャーに理解してもらおう。

 「肩書き、仕事の内容、完了したばかりのプロジェクトのために、固定観念を抱きがちだ」と同氏は語る。「しかし、個人の内面には肩書きから分からないことが多い。生い立ち、愛読書、好きなことなど、個人的な経験もその人の個性になる」

 Stoddard氏によれば、自分を売り込んで関心事を共有する人は、興味深いイニシアチブに推薦されるという。「個人としての自分を深く知ってもらい、経験を共有し、どんなことに胸がときめくかを話そう」

2. 機会があるごとに専門知識を開発する

 London Legacy Development Corporation(LLDC)のイノベーションディレクターのEmma Frost氏は、専門分野を見つけたら、未来の成功は同様の分野や関連する分野で優れた成果を上げることで決まるだろう、と述べた。

 Frost氏は、働き始めた頃はコミュニティー開発に携わっていた。現在はイノベーションの責任者だが、地域の人や組織と関わることに今でも強い情熱を持っており、LLDCで担当している仕事の本質は、自分が奉仕するコミュニティーに大きな成果をもたらすことだ、と同氏は語る。

 目的を見つけることが成功の要因になることも多い。「自分を駆り立てるものが何かを理解しようと努めることは、非常に健全な訓練だ。自分にとっての活力の源から離れすぎないようにしよう」(Frost氏)

 ただし、マンネリ化させてはならない。動機付けができたら、継続的に自分自身をテストしてスキルセットを開発しよう。専門知識を身につけたからといって、専門家になれるわけではない。どんな人も学習に終わりはない、と同氏は述べた。

 「毎年、新しいスキルや新しい挑戦に関して、何を上乗せしたいのかを考えてほしい。積極的に自分自身に挑戦し、『何をやりたいのか。次は何を学びたいのか。どうすればこの新鮮な気持ちを維持できるのか。どうすれば学び続けられるのか』を考え抜こう。したがって、学び続ける習慣を取り入れ、安全地帯から飛び出して努力する方法と時期を知ることが重要だ」

3. 優れた成果を出すという評判を得る

 「成果を出せる人間になろう」と語るRibble Cyclesの最高デジタル責任者(CDO)のMatthew Lawson氏は、意欲的な人には経営幹部から良い反応がある、と考えている。

 「上層部の人々を楽にしてあげよう。レポートであれ、技術革新であれ、新しいアイデアであれ、素晴らしいものを出せば気に入られる。人間は、成果を上げて改善をした者を褒めたいと思うものだ」

 プロジェクトを成功に導くという評判を得た人の熱意は、他者に波及する可能性が高い。「このような人がトップに上り詰める傾向がある。なぜなら、他の人を関与させて、人々の考えを支持するからだ。彼らはインプットよりもアウトプットを賞賛する。そのことは、私が担当してきたすべての役割の根幹をなしていた」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]