編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

Broadcom、ヴイエムウェアを約7兆7500億円で買収へ

Andrew Blok (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2022-05-27 07:04

 半導体企業Broadcomは米国時間5月26日、エンタープライズソフトウェアを開発するVMwareを610億ドル(約7兆7500億円)で買収することで合意したと発表した。ハイテク業界における過去最大規模の買収の1つになる。

Broadcomの施設
提供:Mark Boster/Los Angeles Times via Getty Images

 「この取引は、当社が主要インフラ技術企業として顧客に提供できるものを見直す中で、当社の先進的な半導体およびインフラソフトウェア事業に、エンタープライズソフトウェアの象徴的なパイオニア兼イノベーターを統合するものだ」と、Broadcomのプレジデント兼最高経営責任者(CEO)であるHock Tran氏は発表の中で述べた。

 この買収は、両社の取締役会で全会一致で承認されたが、完了には規制当局の承認が必要だ。買収手続きは、Broadcomの2023会計年度(2022年11月~)に完了する見込みだ。

 VMwareは、以前にも大規模買収の一部として取引されたことがある。Dellが2016年にEMCを670億ドルで買収したときだ。VMWareは2021年に、Dellからスピンオフした。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]