編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

BBIX、レイヤー2の閉域接続サービスを開始--マルチクラウドに対応

國谷武史 (編集部)

2022-05-30 17:03

 ソフトバンク傘下でインターネットエクスチェンジ(IX)事業を手がけるBBIXは5月30日、レイヤー2の接続サービス「Open Connectivity eXchange(OCX)」の提供を開始すると発表した。中堅・中小企業を対象に提供し、マルチクラウド利用に対応するという。

 新サービスは、レイヤー2によるデータセンターへの閉域網接続をオンデマンドで利用可能とする。税別利用料金は月額1万9800円からで、当初はNTTデータの大手町(BBT)、アット東京のCC1、エクイニクスのTY4、東京第四の4つのデータセンターが対応する。また、当初対応するクラウドサービスはAmazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure、Google Cloud、さくらインターネットになる。

新サービスの概要
新サービスの概要
新サービスの特徴
新サービスの特徴

 利用者にはウェブのカスタマーポータルが提供され、このポータル上で利用の開始や中断といった操作、接続先のデータセンターやクラウドサービスなどの指定、マーケットプレイスでの機能メニューなどの調達などが行える。

 今後は、仮想ルーターや仮想ファイアウォール、仮想ロードバランサーなどの仮想アプライアンス機能の提供を予定するほか、接続対応するクラウドサービスもIaaS、PaaS、SaaSの各領域で拡充していくという。海外向けのサービス展開も構想している。

 同社は2003年に創業した国内大手IXの1つで、IXや携帯電話事業者間の国際ローミング接続などを主力事業として、主要顧客は通信事業者になる。

BBIX 代表取締役社長兼CEOの池田英俊氏
BBIX 代表取締役社長兼CEOの池田英俊氏

 同日記者会見した代表取締役社長兼CEO(最高経営責任者)の池田英俊氏は、「これからのデジタル社会基盤、各種社会課題の解決、デジタルトランスフォーメーション(DX)を支える役割となれるよう世界の通信基盤を支えてきたこれまでの実績や経験を生かし、より多くのお客さまに提供すべく新たなサービスの開始に至った」と述べた。新サービスは、5GやIoTなどの普及に伴う新たなネットワーク利用ニーズを向けたものと位置付ける。

 サービスの開発では、さくらインターネットとの合弁会社のBBSakuraが通信ソフトウェア技術を担当しており、BBIXのネットワークインフラと組み合わせて提供する形になる。

 同社によれば、レイヤー2の閉域網接続は競合サービスがまだ少なく、ユーザーもグローバルビジネスを手掛ける大企業が中心とのこと。今回のサービス対象とする中堅・中小企業での想定需要は、上述の5GやIoT関連システムの普及と相まって高まると見込んでおり、新サービスをIX、国際ローミング、IPv6 IPoE接続に続く第4の主力事業に育てていくとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]