編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」
調査

国内DC、2022年の新設/増設投資は2236億円--クラウド向け大規模DCの建設が大半

ZDNet Japan Staff

2022-05-31 17:03

 IDC Japanは5月31日、国内データセンター(DC)事業者の投資予測を発表した。これは、DC建物、電気設備、冷却システムなどの新設/増設にかかる投資額を調査したものになる。これによると、事業者DCの新設・増設投資は2021年から2022年、さらに2023年へ大きく増加する見込みであることが分かった。

 国内事業者DCの新設/増設投資は、2022年は前年比21.2%増の2236億円となる見込み。2023年は2022年の約1.8倍となり、4000億円を超えると見通している。さらに、2023~2026年は毎年4000億円を超える投資規模が継続するとIDCでは予測している。

 クラウドサービス向けハイパースケールDCの増設需要が関東地方と近畿地方で引き続き強い傾向にあり、それに応じてDCファシリティー(建物、設備)市場に新規参入する企業が増えているためだという。

 こうした建設ラッシュとも言える状況が続いていることを受けて、建物・設備の設計スタッフのうち、DC設計の経験豊かなスタッフが不足気味になっているとIDCは指摘する。加えて、建設業界全般にわたる人手不足や、世界的なインフレや原材料の価格高騰や納期遅れによって、DC建設コストも上昇している。

 ITサービス リサーチマネージャーの伊藤未明氏は「クラウドサービス市場の高成長率を考慮すると、DC投資意欲が縮小するとは考えられないが、建設プロジェクトの遅れやコスト増加は避けられないであろう」と分析している。

事業者データセンター新設/増設投資予測:2021~2026年(出典:IDC Japan)
事業者データセンター新設/増設投資予測:2021~2026年(出典:IDC Japan)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]