セガ、Qlikのデータ分析製品群を導入--約450のレポートを自動生成

寺島菜央 (編集部)

2022-06-06 16:58

 ゲームメーカーのセガは、データ主導型の事業運営基盤を確立するため、「Qlik Sense」をはじめとするデータ分析製品群を導入。製品を提供する米Qlik Technologiesの日本法人であるクリックテック・ジャパンが6月6日に発表した。

 Qlik Senseは人工知能(AI)とプラットフォーム機能を備えたSaaS型のデータ分析プラットフォーム。専門知識を持たない人でも、データの可視化やダッシュボード、視覚的なレポートを短時間で容易に作成できる。セガでは、このソリューションにより、スマートフォン向けモバイルゲームアプリケーションの関連業務の効率化と、社内アナリストによるユーザーニーズ分析の深化を実現するとしている。

 近年、セガではモバイルゲーム事業の重要性が高まりを見せている。ゲームの改善にはデータ分析でユーザーニーズを把握し、データに基づいた意思決定と行動に結びつけるサイクルが不可欠とされている。各ゲームタイトルのアナリストは、膨大なログデータやソーシャルメディア、広告など、多様なソースから得られる外部データを用いたセグメント分析などの各種分析の深掘りが要求されている。

 その一方でアナリストには定型的なレポート作成の負荷があり、また、新たな分析指標の設定や外部データとの接続にはシステムエンジニアによるコード開発が必要なため、機動的な対応が容易ではなかった。セガは、定型業務の自動化によるアナリストの負荷軽減、加えてアナリスト自身が必要となるデータを収集、加工し、新たな分析を迅速に行える環境の整備、そしてノーコードでの外部データソース接続を可能にするため、Qlik製品の導入を決定した。

 導入により、約450のレポートを自動生成することに成功し、1つのゲームタイトル当たり約1人月の工数削減が実現したという。また、データの統合や標準化をすることでアナリストが分析に集中できる環境が整うとともに、ユーザーニーズの把握や問題点の発見、改善策の立案、仮説の検証、対策の実行といったサイクルの迅速化につなげた。

 セガのゲームコンテンツ&サービス事業本部 事業企画部 ビジネス&データ分析課課長の竹内公紀氏は、Qlikの導入によってデータアナリストがデータを深掘りし、より複雑な分析に時間を割り当てることができるようになったと、業務の効率化に対する手応えを感じている。また、「外部データとの接続が容易になったことで、数多くの社員が市場の動きから俯瞰的なものの見方を養い、より多面的にゲームタイトルを評価できるようになっている。『次の面白いこと』へアクティブに挑戦する環境が整ってきたと感じる」と、語った。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]