編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」
WithSecure SPHERE

ランサムウェア攻撃の変遷--傾向と背景

河部恭紀 (編集部)

2022-06-08 07:30

 フィンランドのセキュリティ企業WithSecureは現地時間6月1日、同社カンファレンス「SPHERE22」においてプレス限定セッションを開催した。同セッションで登壇した最高技術責任者(CTO)のChristine Bejerasco氏は、ランサムウェアの変遷を紹介した。

Christine Bejerasco氏
Christine Bejerasco氏

 ランサムウェアはサイバーセキュリティ上の脅威として、過去5年間のうちに企業の取締役会で議論されるほどとなり、一般での認知も浸透したとBejerasco氏。同社では、ランサムウェアを10年以上見続けており、表面化した脅威アクターを追跡しているという。それらを地下鉄の路線図のようにまとめた「ランサムウェア地下鉄マップ」を年別に作成しており、Bejerasco氏は、それを基に話を進めた。

ランサムウェア攻撃の変遷

 2014年頃から2016年にかけては、ランサムウェアが脅威として台頭してきたことが分かるという。当時、ランサムウェアは、あらゆる人を標的とした“日和見主義的”という側面が非常に強かったとBejerasco氏。ランサムウェアは、悪意あるスパムメール経由で送り届けられ、受信者のクリックなどの操作でインストールされてファイルを暗号化する。攻撃者は、被害者が身代金を払ってくれることを期待して待つという仕組みだ。

2014年頃から2016年

 2017年には、新しいランサムウェア脅威アクターが最も多く登場した。この時期までには、ランサムウェアが悪質なスパムのペイロードの40%に達するまでになったという。脅威アクターの数が増え過ぎたため、ランサムウェア地下鉄マップを1画面に見やすくまとめるのが難しくなったとBejerasco氏は述べる。

2017年

 2018年には、新しい脅威アクターがほぼ半分に減ったものの、個人よりも組織を狙った方が多くの金銭を得られることに脅威アクターが気づき始めた。悪質なスパムの40%がランサムウェアをペイロードとしていたのが、10%まで減少した。組織がランサムウェア攻撃について少しずつ報告するようになったのもこの時期だった。

2018年

 2019年は、2018年のトレンドを引き継ぎ、脅威アクターの一部が、個人はなく組織を標的とすることでより成功するようになった。

2019年

 2020年は、組織が標的となり続けているが、数十万から数百万ドルの身代金が要求されるほどになってきた。そして、組織への感染、プロファイリング、ランサムウェアの感染といった役割が異なる脅威アクターによって分担されるという成功モデルが見られるようになったのもこの時期だという。

2019年

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]