編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

共創空間「NEC Future Creation Hub」の現在地点--最新技術を体感 - 11/20

大場みのり (編集部)

2022-06-09 07:00

 NECは6月7日、同社の最新技術を体感できるショールーム「NEC Future Creation Hub」を報道関係者向けに公開した。2019年2月に開設されたこの空間は、顧客企業やパートナー企業を対象としており、NECの技術を肌で感じられる機会を提供することで、同社との「共創」につなげることを目指している。

 本記事では、顔認証を活用した決済、物流/製造現場向けのソリューション、量子コンピューター、スマートストアなど、NEC Future Creation Hubで体感できる技術を写真で紹介する。

製造現場向けのソリューション「DX Factory」。部品投入の工程では、部品の情報をあらかじめIoT基盤へ取り込むことで品質の管理と部品の追跡を行う。NECの技術「個体識別情報管理トレーサビリティ」が活用されており、部品の側面が人間の指紋のように一つ一つ異なる特性を利用し、カメラで側面を撮影して各部品の製造時期や場所を特定する。写真はロボットが基板に部品を載せる様子

製造現場向けのソリューション「DX Factory」。部品投入の工程では、部品の情報をあらかじめIoT基盤へ取り込むことで品質の管理と部品の追跡を行う。NECの技術「個体識別情報管理トレーサビリティ」が活用されており、部品の側面が人間の指紋のように一つ一つ異なる特性を利用し、カメラで側面を撮影して各部品の製造時期や場所を特定する。写真はロボットが基板に部品を載せる様子

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]