請求書受領サービス「Bill One」、経費精算システム「皆伝!ワークフロー」と連携

河部恭紀 (編集部)

2022-06-10 11:22

 Sansanは6月9日、同社クラウド請求書受領サービス「Bill One」とスミセイ情報システムの経費精算システム「皆伝!ワークフロー」が連携することを発表した。双方のユーザーの生産性を高め、月次決算の加速を後押しする。

 今回の連携によって、Bill Oneで受領・データ化した請求書情報を、皆伝!ワークフローに自動入力できるようになる。支払業務において手入力の必要があった「取引先」「支払金額」「支払期日」といった情報が自動入力されるため、担当者の工数が削減されるだけでなく、ミスも軽減し、内容の確認や差し戻しといった非効率なやり取りも不要になるという。

 この連携により、請求書の受け取りから支払業務までの業務工数を大幅に削減でき、経理業務の生産性向上を実現できるとSansanは述べる。

 Bill Oneは、あらゆる請求書をオンラインで受領・データ化し、月次決算の加速を後押しできるクラウド請求書受領サービス。2020年5月のローンチ以降、機能アップデートや各種会計サービスとの連携を積極的に進めている。

 皆伝!は、決算業務や勤怠管理など、経理・人事領域の業務改善をサポートするワークフローシステム。特に紙が主流の経理業務においてはデジタル化需要が年々高まっており、テレワークの推進や業務効率化を実現するワークフローシステムとして、大手企業を中心とした幅広い企業で利用されているという。

 今回の連携機能を利用するには、Bill Oneおよび皆伝!の契約が必要になる。

画像1

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]