編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

「Windows 11」プレビュー版の「エクスプローラー」にタブ機能

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-06-13 11:18

 要望の多かった「エクスプローラー」のタブ機能が「Windows 11」でついに提供される。

ノートPCに向かう男性の画像
提供:Shutterstock/OPOLJA

 Microsoftは2018年にタブ機能付きエクスプローラーを「Windows 10」に導入しようと試みたが、「Sets」の廃止とともにその計画も消滅した。Microsoftが今回、「Windows 11 Insider Preview Build 25136」で「Dev Channel」向けにタブ機能付きエクスプローラーの提供を開始したことで、メインストリームのWindows 11ユーザーも近いうちにその機能を利用できるようになりそうだ。

 MicrosoftはWindows Insider Blogで、「同時に複数の場所で作業できるようにするため、エクスプローラーのタイトルバーにタブ機能を追加した」と述べている。

 エクスプローラー画面左端のナビゲーションペインも外観が刷新されており、ピン留めしたフォルダーや「OneDrive」クラウドプロファイルにアクセスしやすくなった。

 Microsoftは、「ナビゲーションペインからデフォルトで使用できる既知のWindowsフォルダー(『3Dオブジェクト』、『ダウンロード』など)が、『PC』の下に表示されなくなった。つまり、『PC』には、ユーザーのPCのドライブだけが表示される。『ドキュメント』や『ピクチャ』など、OneDriveと同期するフォルダーに移動すると、アドレスバーに正しいパスが表示されるので、ユーザーはそれらのフォルダーがクラウドにあるのかローカルにあるのかを明確に識別できる」

 Microsoftはこの機能をDev Channelに段階的に提供しているので、まだすべての参加者が利用できるわけではない。

 Microsoftは、Windowsタスクバーの動的ウィジェットもテストしている。これらの新しいウィジェットは、天気やスポーツ、相場の最新情報、ニュース速報をリアルタイムで表示する。ユーザーはそれらのウィジェットをちらっと見るだけで、最新情報を把握できる。詳細を知りたくなったら、対象のウィジェットをクリックするだけでいい。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]