「Chrome」、7件の脆弱性を修正--うち4件は「重要」

Danny Palmer (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2022-06-14 13:38

 Googleは、世界中で多くのユーザーに使われているブラウザー「Chrome」の脆弱性7件を修正するアップデートを公開した。うち4件は深刻度が「重要(High)」に指定されている。

 米政府のサイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁(CISA)が公表したアラートによれば、「Windows」「Mac」「Linux」向けのChromeで脆弱性が修正された。悪用されると、「影響を受けるシステムの制御を奪われる」可能性があるという。

 CISAはChromeのユーザーに対し、脆弱性の悪用を防ぐために最新版(0.5005.115)にアップデートすることを推奨している。

 深刻度が「重要」と評価された脆弱性には、攻撃者に動的メモリを不正に使用される可能性がある「WebGPU」に存在する開放後メモリ使用の脆弱性(CVE-2022-2007)、Chromeで使われているJavaScript APIである「WebGL」に存在するにおける境界外メモリアクセスの脆弱性(CVE-2022-2008)がある。境界外メモリアクセスの脆弱性を悪用されると、攻撃者がアクセスできるべきではない秘密情報を読み取られる可能性がある。

 深刻度が重要に指定された残り2つの脆弱性は、Chromeの合成コンポーネントに存在する境界外読み取りの脆弱性(CVE-2022-2010)と、Chromeのバックエンドで使用されている、オープンソースのクロスプラットフォームグラフィックスエンジン抽象化レイヤ「ANGLE」に存在する解放後メモリ使用の脆弱性(CVE-2022-2011)となっている。

 大多数のユーザーがアップデートを適用するまでは脆弱性の詳細を公開しないというGoogleのポリシーに基づき、これらの脆弱性の詳細はまだ明らかにされていない。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]