アスリートマネジメント会社のJOINT ONE、経費精算システム導入--確認時間が20分の1に

寺島菜央 (編集部)

2022-06-15 17:46

 アスリートマネジメント事業を手掛けるJOINT ONEは、経費精算システム「eKeihi」を導入し、精算業務を大幅に削減したという。eKeihiを開発・販売するイージーソフトが6月15日に発表した。

 eKeihiは、交通費や出張費、会議費などのさまざまな経費の申請から承認、支払い処理を電子化し、一元管理できるシステム。ICカードやクレジットカードの連携で自動入力が可能になる他、誰でも簡単に操作ができる画面となっており、PCやスマートフォンから申請・承認作業ができる。

 JOINT ONEでは、経理担当者が従業員に整合性を確認しながら膨大な紙の領収書を手入力で処理していたため、精算業務の煩雑さが課題になっていたという。同時に、キャッシュレス化を実現するため、クレジットカードやICカードと連携可能で、現金での立替精算と併用できる経費精算システムを導入し、不明瞭な支出の防止や計算ミスを減らしたいといった要望が出ていた。

 これらの課題を解消するため、JOINT ONEは2021年11月よりeKeihiを導入。従来はオフィスのみで行っていた経費申請が、PCとスマートフォンのどちらでも対応できるようになったため、社外や出張先での申請・承認作業が可能になり、作業効率が向上したという。

 さらに、申請者が直接、eKeihiに入力できるようになったことで、経理担当者による内容確認がなくなり負担軽減につながった。従来は1枚の領収書の処理に約10分かかっていたところを30秒に短縮することができたという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]