弁護士ドットコム、リクルートと業務提携--法務の規約管理を支援する「termhub」を共同開発へ

河部恭紀 (編集部)

2022-06-16 10:46

 弁護士ドットコムは、2022年10月から実施する「termhub(タームハブ)」の実証実験に向けて、リクルートと業務提携契約を締結し、共同開発を開始した。termhubは、企業の利用規約やプライバシーポリシーの適切な管理支援を目的としたサービス。

 今回の発表の背景について、弁護士ドットコムは、2022年4月の個人情報保護法改正にも現れているように消費者と企業の関係は大きく変化し、企業はユーザーに対して誠実に向き合うことがますます求められていると述べる。利用規約やプライバシーポリシーは企業と、その商品やサービスを利用するユーザーとの最初のコミュニケーションの場であり、2者間の関係性を表すものだと考えているという。

 一方でウェブサービスの増加は顕著であり、規約やプライバシーポリシーを掲出するシーンも比例して増えている。規約を正しく運用しようとすればするほど、法務を中心とした管理部門の規約や同意情報の管理は複雑になり業務の負荷は高くなる構造だという。

 上記のような課題に対してtermhubは、利用規約や同意情報の管理業務を支援し、法務担当の負荷を削減、企業がユーザーと誠実な関係を構築する社会の実現に貢献していくと説明する。

 termhubは、弁護士ドットコムが持つ「クラウドサイン」などの法務向けSaaSの運営知見やリーガル領域における専門性と、リクルートの新規事業開発室内のノウハウを組み合わせることで、法務部門の業務や課題に適したサービスの拡張や利便性向上を目指しており、共同開発が開始されたという。

 termhubでは、管理システムを用いることで、企業の法務などの管理部門が作成したウェブサイトの各規約の承認申請から掲出、更新までをワンストップで管理することが可能となる。また、各規約へのユーザーの同意情報はデータベースで管理され、必要に応じて企業が閲覧・出力することができる。

画像1

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]