編集部からのお知らせ
新着 記事まとめPDF「データセンター分散化」
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」

NICT、複数のセキュリティ情報から深掘り分析などができる新機能

國谷武史 (編集部)

2022-06-17 06:50

 情報通信研究機構(NICT)は、6月15~17日に開催の「Interop Tokyo 2022」に出展し、セキュリティ情報融合基盤「CURE(Cybersecurity Universal REpository)」の最新機能を披露した。かわいらしい動きもする。

 CUREは、さまざまなセキュリティ関連情報を集約し、横断的な分析を行うためのプラットフォーム。NICTは、無差別型サイバー攻撃の観測・分析基盤「NICTER」、標的型サイバー攻撃の統合分析基盤「NIRVANA 改」、標的型サイバー攻撃を誘引して分析を行う「STARDUST」などを運用しており、これらとNICT外部の各種情報を統合的に活用するために開発が進められている。

「CURE」はさまざまなサイバー攻撃情報を集約する基盤になる
「CURE」はさまざまなサイバー攻撃情報を集約する基盤になる

 Interop Tokyo会場で説明したサイバーセキュリティ研究所 サイバーセキュリティ研究室長の井上大介氏によると、従来は各種の情報を個別に管理、活用していたが、各種情報を統合的に利用できるようにすべく2015年に構想し、2019年のInterop Tokyoで初披露した。サイバー攻撃の中身は非常に複雑な構造であるため、適切に対処するには、散在している情報を統合的かつ横断的に分析して、攻撃の全容を詳しく知る必要がある。

「CURE」の歴史。集約可能な情報ソースが増え続けている
「CURE」の歴史。集約可能な情報ソースが増え続けている

 CUREでは、多彩な情報と膨大な量のデータを利用して高速に分析するために、現在は約4TB規模のRedisのインメモリーデータベース処理を行っているという。2019年のリリース時は、まず「Artifact(観測情報)」としてNICT独自の観測情報を集約するものだったが、2020年には「Semantics(分析情報)」として外部のサイバーセキュリティ関連ニュースやブログ、脆弱性情報、サイバー攻撃の戦術や手法に関する公開情報「MITRE ATT&CK」なども集約できるように進化している。

最新版「CURE」の画面。水色が「Artifact(観測情報)」、オレンジ色が「Semantics(分析情報)」、ピンク色が「Enricher」で表示されている
最新版「CURE」の画面。水色が「Artifact(観測情報)」、オレンジ色が「Semantics(分析情報)」、ピンク色が「Enricher」で表示されている

 2022年版のCUREでは新たに、ArtifactにおいてNICT内のインシデント対応チーム(CSIRT)の「NICT-CSIRT」の管理情報(Trouble Ticket)、Semanticsにおいてリフレクション攻撃の解析情報(AmpPot)やメールに添付されたマルウェアの解析情報(Malmail)を集約できるようにしたほか、セキュリティ侵害指標(IoC=Indicators of compromise)では、従来のIPアドレス、ドメイン名、マルウェア情報に、メールアドレスを追加している。

 さらに、ArtifactやSemanticsのさまざまなデータに付加的な情報を与えるデータエンリッチメント機能の「Enricher」を実装した。

 従来のCUREでは、データの関連付けを完全一致するIoCで行っていたが、今回のEnricherでは、例えば、特定のIPアドレスと似た活動をしているIPアドレスというような柔軟な関連付けができるようになり、「大規模な探索行為をするIPアドレス群の把握」といった分析が可能になった。さまざまに応用できるとし、例えば、IPアドレスやメールアドレスに悪性度のスコアを付与するといったことも行える。

「Enricher」の搭載により、情報分析などの柔軟性が飛躍的に向上した
「Enricher」の搭載により、情報分析などの柔軟性が飛躍的に向上した
特定のIPアドレスからこれと似た特性を示すIPアドレスを調べていくデモ
特定のIPアドレスからこれと似た特性を示すIPアドレスを調べていくデモ
詳細情報の表示。「Enricher」で検索したIPアドレスに関する情報ソースを視覚的に表示している
詳細情報の表示。「Enricher」で検索したIPアドレスに関する情報ソースを視覚的に表示している
分析結果の様子。関連性のあるIPアドレスのリストと関連度合いがスコアで示している
分析結果の様子。関連性のあるIPアドレスのリストと関連度合いがスコアで示している

 また今回は、Enricherの可視化の開発にも注力したといい、CUREの画面に表示されるEnricherがコミカルに一回転する「Kuru-Rin-Pa!」動作を実現した。井上氏は、担当者が心血を注いでこの動きを実現させたとのエピソードを披露し、会場の聴講者から“静かな”笑いを集めていた。

今回の開発では「Enricher」の視覚的な動きもこだわった(?)という
今回の開発では「Enricher」の視覚的な動きもこだわった(?)という

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]