編集部からのお知らせ
新着の記事まとめ「通信障害と社会リスク」
注目の記事まとめ「機械学習の現在」
調査

企業の80%は2024年までにハイパーオートメーションの採用を計画

Vala Afshar (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2022-06-30 06:30

 SalesforceVanson Bourneが最近実施した調査によると、自動化に対する要求はあらゆる業界で急増しているものの、既存のアーキテクチャーによって進歩が阻害されており、組織の80%は自動化プログラムの支援について懸念を抱いているという。IT部門がこうした自動化に対する要求や課題にどのように取り組もうとしているのかを把握するために、Salesforceは世界各地にいる600人の最高情報責任者(CIO)やIT関連の意思決定者を対象とする調査をVanson Bourneに依頼した。

キーボードを打つ人
業務部門からの自動化に向けた要求がこの2年間で増大している。
提供:Shutterstock

 以下は、こうした600人のCIOとIT分野のリーダーに対して、自動化に関するさまざまな質問を投げかけた際の主な回答をまとめたものだ。

  • 組織の91%は、業務部門からの自動化に向けた要求がこの2年間で増大したと答えている。
  • 自動化に対する要求が大きいのは研究開発(R&D)部門(39%)や管理/運用部門(38%)、顧客サービス部門(33%)、マーケティング部門(26%)となっている。
  • 回答者のほぼ全員(96%)が、システムや業務の要件が変化する中で自動化の改変や再構築が課題になっていると答えている。
  • 組織の80%は、自動化へと向かう流れの中、アプリケーションやデータの再構築時に技術的負債が蓄積していくだろうと答えている。
  • 業務プロセスの自動化を支援するために統合機能やAPI管理機能をフル活用している組織は44%にすぎない。
  • ハイパーオートメーションはCIOにとって重要な優先事項となっている。同調査によると、組織の80%が今後24カ月以内にハイパーオートメーションをテクノロジーロードマップに組み入れる予定だという。では、ハイパーオートメーションとは何だろうか?ハイパーオートメーションとは、できる限り多くの業務プロセスやITプロセスを迅速に洗い出し、吟味し、自動化するために組織が用いる業務主導の統制されたアプローチだ。ハイパーオートメーションでは、複数のテクノロジーやツール、プラットフォームが組み合わされて用いられる。

 自動化はデジタル変革の要だ。今日の企業はサイロ化や、複数のプロセス自動化ツール、分断化されたシステムという重荷を背負っている。調査では、従業員の満足度が職場における自動化によって高まっていくことが示されている。また、ハイパーオートメーションによってデジタルの価値と生産性の向上へと続く扉が開かれるとともに、市場投入(TTM)ペースが加速され、従業員および顧客のエクスペリエンスに変革がもたらされることも示されている。さらに、コンポーザブルアーキテクチャーの重要性が明確にされてもいる。より迅速なイノベーションに向けた圧力が高まり続ける中で組織がさらなるアジリティーを求めるようになる結果、コンポーザブルアーキテクチャーやイベント駆動アーキテクチャーに向けた弾みがついていくはずだ。

 ワークフローの自動化に向けてローコード/ノーコードテクノロジーを活用できる企業であれば、効率の向上や、迅速な収益化、開発コストの低減、組織における成果の最大化のためのイネーブラーとしてのデジタル変革の力を認識できるはずだ。企業の自動化を推し進める原動力は、従業員が顧客やパートナーのより大きな力となれるようにするという必要性に基づいている。そしてこれは、単純な繰り返し作業を自動化することで実現され、それによりオンライン上と対面の双方におけるエクスペリエンスを、増大し続けるタッチポイントを横断するかたちで成功に導けるようになる。デジタルファーストな経済で成功を収め、勝ち残るのは、自社の自動化能力をすべての業務をまたがって推進すると全社的にコミットしている企業なのだ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]