編集部からのお知らせ
新着の記事まとめ「通信障害と社会リスク」
注目の記事まとめ「機械学習の現在」

新聞広告の紙面配置をAIで割り付け--産経新聞社らが共同開発

藤本和彦 (編集部)

2022-06-27 13:17

 産経新聞社と、電通グループのデータアーティストは6月27日、人工知能(AI)を用いて新聞広告を紙面に配置するシステム「AI割付」を共同開発したと発表した。

 新聞は広告主の要望に応じて、掲載する日や紙面などの条件、同一の業種や製品などが重ならないように、人の手によってさまざまな要望を勘案して広告を配置してきた。AIを活用することで、迅速で効率的な割り付けを可能にする。今夏にも実装する計画だ。

新聞の広告配置をAIが判断(出典:産経新聞社)
新聞の広告配置をAIが判断(出典:産経新聞社)

 両社によると、昨今、新聞広告はダイレクト通販などの直接的な反響を求める広告主からの出稿が多くなっている。特にそれらの広告主は、同業他社や自らの商品やサービスと同系統の内容を同じ日に掲載しないように要望することが多くあるという。また、掲載面によるカラーとモノクロの紙面調整など、さまざまな点を加味しながら作業を運ぶ。

 今回開発したシステムは、それらの条件をAIに読み込ませて瞬時に割り付けを完成させることで、一連の作業でかかる膨大な調整事項を軽減し、より効率的かつ最適な紙面割付を目指すものになる。

 今後は、AI割付を読者にとっても有意義なものに発展させるため、システムの中にさまざまな外部情報を取り込むことで、時宜を得た広告の掲出が可能になる構想もあるとする。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]