ミツカングループ、SD-WANで快適なテレワーク環境を実現--SaaSの利用も拡大へ

NO BUDGET

2022-06-30 13:46

 ミツカングループは、国内の全ての対象拠点に日本ヒューレット・パッカードのSD-WANソリューション「Aruba EdgeConnect」を導入した。導入を支援したマクニカが6月28日に発表した。

 ミツカンでは、Aruba EdgeConnectの導入後、セキュリティを担保した上で、ネットワークの逼迫(ひっぱく)を解消し、遅延などのトラブル削減につながった。またウェブ会議の画質と音質が向上し、密なコミュニケ―ションが可能になるとともに、後から会議に参加した人も問題なく接続できるようになったという。通信状態が可視化されたことでトラブルを自分たちで対処できるようになり、プロアクティブ対応も可能になった。

 ミツカンでは、SD-WAN製品の選定に当たって、スピーディーかつ容易に導入できること、迅速なトラブル対応ができるようネットワーク状況を可視化できること、適正なコストであることを軸として検討を進めていた。Aruba EdgeConnectについては、操作画面が分かりやすく、表示や設定などの項目も求めているものと一致していると評価した。

 同社は今後、SaaSの利用拡大に向け、「Microsoft 365」以外のクラウドサービスについてもインターネットブレイクアウトの実施を予定している。統合認証基盤である「Aruba ClearPass」を使ったWANとLANの融合の検討も視野に入れている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]