編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

サムスン、3nmチップの量産を開始

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2022-07-01 09:43

 韓国のサムスンは現地時間6月30日、速度と効率をさらに高めた、3ナノメートル(nm)プロセスのチップの量産を開始したと発表した。

サムスンの幹部ら
提供:Samsung

 この先進的なプロセッサー技術は、5nmプロセスと比べて消費電力を最大45%、チップ面積を16%削減しつつ、性能を23%向上させるという。

 次世代製造技術への移行は、非常に複雑だ。チップは、数十億個ものトランジスタで構成されている。トランジスタは、1粒の埃よりもはるかに小さな電子部品だ。製造プロセスの進化は、トランジスタをより多くチップに集積できるように微細化し、速度を高めて消費電力を低減することによって実現する。

 今回の新しいチップは、プロセッサー事業が多大な圧力に直面する中で、登場することになる。パンデミックによって、PC販売、スマートフォン利用、データセンターで稼働するオンラインサービスが急増し、プロセッサーの需要は製造能力を上回っている。チップ不足は、PC、ゲーム機、自動車など、世界にまたがるサプライチェーンに依存する製品の販売に影響を与えている。

 サムスンは2025年、さらに先進的な2つ目のGAA(Gate All Around)技術「2GAP」に移行する計画だ。この製造手法は、サムスンの2nm世代プロセスを初めて採用するものになる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]