編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

Wi-Fi対応の「Raspberry Pi Pico W」が登場、価格は6ドル

Adrian Kingsley-Hughes (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2022-07-01 10:21

 2021年1月に発売された「Raspberry Pi Pico」は、価格がわずか4ドル(約540円)の超小型シングルボードコンピューター(SBC)だ。発売以来、約200万台が販売された。

 そして米国時間6月30日、要望の多かったWi-Fi機能を搭載した「Raspberry Pi Pico W」が発売された。価格は相変わらず安く、わずか6ドル(約810円)だ。

Raspberry Pi Pico W
Raspberry Pi Pico W

 マイクロコントローラーはRaspberry Pi Picoと同じ「RP2040」で、133MHzのデュアルコア「Arm Cortex-M0+」チップと264KBのSRAM、2MBのフラッシュストレージ「QSPI」という構成もそのままだ。

 それがすべて、21mm×51mmのボードに取り付けられている。つまり、Raspberry Pi Picoを利用しているけれどもWi-Fi機能があると都合のいいプロジェクトなら、Raspberry Pi Pico Wに置き換えてしまえばいい。

 だが、観察眼の鋭い人であれば正方形の金属部品に気付くかもしれない。

 ここには、2.4GHz帯を使用するWi-Fi規格「IEEE 802.11b/g/n」をサポートするInfineonの「CYW43439」チップが入っている。CYW43439自体はBluetoothもサポートしているが、Pico Wでは発売時に有効になっておらず、今後対応する可能性があるという。

 ヘッダーピンがはんだ付けされた価格5ドル(約680円)の「Raspberry Pi Pico H」も発売された。8月には、ヘッダーピン付きでWi-Fiも使える「Raspberry Pi Pico WH」が7ドル(約950円)で発売される。

Raspberry Pi Pico H
Raspberry Pi Pico H

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]