DX専業のKDDI Digital Divergence Holdingsが事業開始--グループ連携で企業のDX支援

ZDNet Japan Staff

2022-07-01 12:57

 KDDIが設立した中間持株会社「KDDI Digital Divergence Holdings」が7月1日に事業を開始した。アイレット、KDDIアジャイル開発センター、KDDIウェブコミュニケーションズ、Scrum Inc. Japanでグループを形成し、法人顧客のデジタル変革(DX)を支援する。

 KDDIは、2024年度を最終年とする中期経営戦略で、5Gによる通信事業の進化と通信を核とした注力領域の事業拡大を図る「サテライトグロース戦略」を掲げ、DXは注力分野の一つとなっている。

 KDDI Digital Divergence Holdingsでは、クラウドやアジャイルといったDX推進に必要な能力を持つ事業会社をつなぐことで、DX支援・開発を強化する。また、DX専業会社として、DXに必要な能力を持つ企業との買収合併(M&A)や業務提携を検討していく。DX人材についても、グループ各社で積極的に採用するほか、育成の仕組みやグループ間の交流といった環境整備も進める。

 ビジネス環境の変化が加速する中、企業にはテクノロジーを活用した差別化やビジネスの変革が求められている。このような環境下において、通信を軸に顧客や社会と継続的につながり、付加価値を生むDXを推進することで、社会課題の解決やビジネスの変革を加速していくとしている。グループ各社の役割は次の通り。

  • KDDI Digital Divergence Holdings:グループ事業戦略を立案・推進し、DX領域においてグループ全体の連携拡大と事業ポートフォリオの拡充
  • アイレット:クラウド導入、システム開発、監視・運用・保守といった作業の全てをサポート
  • KDDIアジャイル開発センター:環境の変化に対して迅速に対応可能なアジャイル開発を提供
  • KDDIウェブコミュニケーションズ:小さな投資でもインターネットの持つ力を最大限に活用できるサービスを開発・提供
  • Scrum Inc. Japan:Scrum認定資格セミナーやスクラム導入コンサルティングを提供

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]