NTTマーケティングアクトProCX、新パーパス策定--オペレーターの真価伝える

大場みのり (編集部)

2022-07-01 17:48

 コンタクトセンター事業などを展開するNTTマーケティングアクトProCX(プロクス)は7月1日、自社のパーパス(存在意義)「and Wow!安心と信頼を紡ぎ 喜びと感動を生み続ける。」を策定した。

 NTT西日本の子会社である同社は2022年4月、NTTマーケティングアクトから事業譲渡され、新体制で事業を展開している。主軸のコンタクトセンター事業をはじめ、チャット導入やウェブ運用、フィールド営業、顧客データの活用、バックオフィス支援など多角的に事業を拡大している。また、コロナ禍を契機としたビジネスプロセスアウトソーシング(BCP)やデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進、24時間体制でのコンタクトセンター運営など、顧客ニーズの多様化にも対応しているという。

 同社は今回、社会課題解決への思いを具現化するため、従業員同士の対話を経てパーパスを策定した。そこには、顧客体験(CX)のプロ(Pro)集団(=ProCX)として感動体験を生み出すほか、「コミュニケーションを通して社会を心地良くし、人々に喜びと充実をもたらしたい」という思いが込められている。

NTTマーケティングアクトProCXのパーパス
NTTマーケティングアクトProCXのパーパス

 日本電信電話のコールセンター業務からキャリアをスタートした代表取締役社長の室林明子氏は、コンタクトセンター業務について次のように語る。

 「新入社員の時、配属先がコールセンターと知り、『嫌だな、もっとかっこいい仕事がしたい』と思った。残念ながら現在でも世間一般におけるコンタクトセンター業務への印象は必ずしも良いとはいえない。しかし実際は、コミュニケーションのプロとして誇れる仕事であり、エッセンシャルワーカーとして社会にもっと評価されてよい。この自分自身の恥ずかしい経験があるからこそ、当社からそのイメージを変えていきたい。オペレーターをはじめ、顧客接点に従事する人々の本来の価値を発信していく」

 自社と従業員、顧客とそのユーザーという全ての構成要素を大事にする同社は、「会社(自社)」「社員」「顧客」「社会」の「四方よし」を推進する。「会社」の領域では競争力の向上やマーケットの拡大、「社員」の領域では仕事のやりがいや待遇の向上、「顧客」の領域ではユーザー対応品質の安定化や費用対効果の向上、「社会」の領域ではより良い顧客体験などを目指す。

NTTマーケティングアクトProCXが進める「四方よし」
NTTマーケティングアクトProCXが進める「四方よし」

 同社は顧客への提供価値拡充に向け、新たな取り組みを行う。第1弾としてCXデザインのコミュニティー「COE(コエ)」の立ち上げ、第2弾として市民参画型のまちづくりを計画している。COEではCXに関する知見やベストプラクティスなどを共有し、7月下旬に公式ウェブサイトを公開する予定。

 第2弾の市民参画型のまちづくりでは、同社が民間企業へのサービス提供で培った顧客視点を生かし、市民の声に耳を傾けて分析することで、地域の課題を解決したり市民の期待や要望を反映したりする。公民連携でのまちづくりに伴走し、魅力と活力のある地域社会の実現に取り組むとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]