編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

「Chromebook」に「Android」アプリをインストールするには

Jack Wallen (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-07-07 07:30

 「Chromebook」は、非常に多くの人にとって素晴らしいモバイルの選択肢である。ノートPCを使用するためのプロセスの多くを大幅に簡素化するだけでなく、安全性にも優れており、動作速度が低下することもめったにない。しかし、実際のアプリの種類が少ないという理由で、「Chrome OS」を敬遠する人もいる。幸い、Chromebookでは、「Linux」を有効にする(そして、Linuxアプリをインストールする)ことだけでなく、「Android」アプリのインストールを有効にすることも可能だ。この機能を有効にすれば、「Google Play」ストアから自分の好きなアプリをインストールすることができる。

 もちろん、注意点もある。アプリによっては、期待通りに機能しない可能性がある。この問題は、アプリが(タブレットなどの)大型ディスプレイ向けに最適化されていない場合に発生しがちだ。最適化されていないアプリでも、(表示が少し小さくなるだけで)正常に使用できることがある。電話の機能に依存するアプリは正常に動作しない、という問題もある。最後に、すべてのChromebookでAndroidアプリがサポートされているわけではない。AndroidアプリをサポートするChrome OSハードウェアの便利なリストを確認したい人は、こちらを参照してほしい。

 それでは、Androidアプリのサポートを有効にする方法と最初のアプリケーションをインストールする方法の紹介に移ろう。

ChromebookでAndroidアプリを有効にする方法

1. 「Settings」(設定)を開く

 まず、「Settings」(設定)アプリを開く。画面右下にあるシステムトレイをクリックした後、歯車のアイコンをクリックする(図1)。

図1

Chrome OSのシステムトレイから「Settings」(設定)アプリにアクセスする。
Chrome OSのシステムトレイから「Settings」(設定)アプリにアクセスする。

2. Androidアプリのサポートを有効にする

 表示されたウィンドウで、「Apps」(アプリ)の項目が表示されるまで下にスクロールし、「Turn on」(オンにする)をクリックする(図2)。

図2

Chrome OSの「Apps」(アプリ)の項目は、「Settings」(設定)アプリからアクセスできる。
Chrome OSの「Apps」(アプリ)の項目は、「Settings」(設定)アプリからアクセスできる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]