YDC、売場案内サービス「PlaceFinder for Retail」を改良--導入・管理の負荷軽減

寺島菜央 (編集部)

2022-07-08 17:22

 ワイ・ディ・シー(YDC)は、導入・管理の負荷を軽減した小売業向けの売場案内サービス「PlaceFinder for Retail Version1.3」を7月1日から提供している。YDCのグループ会社であるフューチャーが7月8日に発表した。

 PlaceFinder for Retailは、店舗の棚や商品配置の情報を取り込むことで、従業員や顧客がスマートフォンなどで商品の場所を検索するできるクラウドサービスだ。商品名を入力するだけで即時に売場が表示されるため、従業員の店舗案内や品だしの効率化につながる。さらに、来店した顧客も専用のQRコードを読み取り、商品名を検索窓に入力することで、該当する商品の場所が分かる。

 今回リリースしたVersion1.3では、棚や商品配置の情報をExcelやCSVのデータだけでなく、日本総合システムの棚割システム「StoreManagerGX-R」のデータやComputer Aided Design(CAD)の図面データを取り組めるように改良した。

 従来は、棚や商品配置を取り込む際に他システムの情報をExcelやCSVに変換してからデータを取り込んでいたが、「棚割りの情報などを他システムから直接データを取り込みたい」という要望を受け、改良に踏み切ったという。また、今回リリースしたVersion1.3は無料トライアル版が提供されている。

PlaceFinder for Retail Version 1.3でのデータ取り込みイメージ
PlaceFinder for Retail Version 1.3でのデータ取り込みイメージ

 Version1.3ではデータの取り込み改善の他に、お知らせ機能を追加。店舗ごとの広告やフロアマップなどを掲載し、顧客への情報発信を図る。加えて、案内画面が利用可能か分かるようにメンテナンス表示を行えるようにした。

お知らせ機能のイメージ
お知らせ機能のイメージ

 他にも、画面上で自由に棚や商品配置のレイアウトを管理できる機能を改善。商品棚のサイズや位置調整を簡単に行えるようになったという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]