編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

「oVice」上の行動データを可視化--「データダッシュボード」をオプション提供

藤本和彦 (編集部)

2022-07-12 15:12

 oViceは7月12日、仮想オフィスサービス「oVice」(オヴィス)内で取得できる幅広い行動データを可視化するオプションツール「データダッシュボード」の提供を開始した。サービスの利用状況を可視化することで、コミュニケーションの課題発見や効果検証を迅速かつ確実にする。利用料金は1スペース当たり月額5500円(税込)。

 仮想オフィスを活用する働き方は、近年急速に広がっている一方、新しい仕組みのため定型化されたノウハウが少ない状況にある。これまでも、機能の改善や追加、担当者による支援、活用事例の紹介などを通じて情報を提供してきた。

 従来は入退室の履歴データのみを取得できたが、データダッシュボードを利用することで日次のアクティブユーザーグラフや月次/週次/日次のアクティブユーザー数一覧、平均滞在時間、チャット送信回数、会議室利用の延べ回数などのデータも取得可能になる。また、発話や移動の回数、オブジェクトの利用時間も追加で取得可能になる予定としている。

3つのスペースの日次アクティブユーザー数をグラフ化した例(出典:oVice)
3つのスペースの日次アクティブユーザー数をグラフ化した例(出典:oVice)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]