編集部からのお知らせ
特集PDF1「導入期に入るマイクロサービス」
特集PDF2「DXレポート」

契約審査「LegalForce」、法律事務所向け「LegalForceひな形」を提供

河部恭紀 (編集部)

2022-07-13 11:37

 契約審査プラットフォーム「LegalForce」を提供するLegalForceは7月13日、一般民事を取り扱う法律事務所向けの「LegalForceひな型」を提供開始した。

 LegalForceは、企業法務に精通した弁護士が作成した、600点を超える汎用的な契約書ひな形をLegalForceひな形として提供している。これまでLegalForceひな形は、企業法務向けの書式を中心としていた。「法律事務所書式」の追加により、法律事務所の業務においてもLegalForceひな形を活用できる範囲が拡大する。

 企業の法務部と法律事務所では、作成頻度の高い書面に違いがあるという。日常生活を営む中で生じる問題である一般民事を取り扱っている法律事務所では、一般的な契約書以外にも、離婚協議書、遺産分割協議書、示談書などのほか、内容証明郵便や遺言書などの書面を作成することが多くある。

 これらの書面は個別の事案ごとに内容は異なるものの、ベースとなる書面に大きな差はない。そのため、法律事務所における書面作成業務においても、LegalForceひな形の提供は負担軽減と品質向上を実現可能にするとLegalForceは説明する。

 今回追加となるひな形類型は、離婚協議書、和解契約書、遺産分割協議書、示談書、遺言書(自筆証書遺言)、内容証明通知書(未払代金請求)、期日請書、期日変更申立書、弁護士委任契約書を含む。

 LegalForceひな形は、「Word」ファイルとしてダウンロードが可能。書籍の書式例などを参考にこれまで作成していた書面についても、法律事務所書式を基に編集して作成することができるという。

 LegalForceは、新たな類型を今後も追加していく予定だとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]