編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

Windowsの更新管理を自動化する「Windows Autopatch」が一般提供に

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-07-13 12:59

 Microsoftは米国時間7月11日、大手企業向けの新たなサービス「Windows Autopatch」の一般提供を開始したと発表した。このサービスにより、月例セキュリティパッチ「Patch Tuesday」が公開される火曜日は大企業の「Windows」管理者にとって特別な日ではなくなるかもしれない。

Microsoftのロゴ
提供:Microsoft

 4月に情報が公開され、5月にパブリックプレビュー版の提供が開始されていた同サービスは、膨大な数のPCを管理しなければならない管理者のためにパッチの更新管理プロセスを自動化するというものだ。Windowsシステムの管理者は毎月、ゼロデイ脆弱性を含むさまざまな脆弱性に対処するためのパッチを多い時には100以上も適用しなければならないが、パッチによっては仮想プライベートネットワーク(VPN)や仮想マシン(VM)といった重要なWindowsサービスに問題が発生する場合もある。

 このサービスを利用できるのは、Windowsの「Enterprise E3」または「Enterprise E5」ライセンスを有する顧客のみだ。Microsoftは同サービスによって、Patch Tuesdayが公開される火曜日が「単なる火曜日」になるとしている。

 つまり、上記ライセンスを有している顧客は効率化されたこのパッチエクスペリエンスにオプトインできる一方、他の顧客は今まで通り月例パッチを適用する必要があるということだ。

 Microsoftは発表の中で「すべての人々にとって幸いなことに、もう待つ必要はなくなった。このサービスは現在、Windows Enterprise E3やWindows Enterprise E5のライセンスを有する顧客に向けて一般提供が開始されている」とした。

 「Microsoftは今後も引き続き、毎月第2火曜日にアップデートをリリースしていくが、Autopatchによってアップデートの運用が効率化され、ITプロフェッショナルに対して新たな機会がもたらされる」(Microsoft)

 Autopatchは、「Windows 10」と「Windows 11」におけるドライバーやファームウェアの他、「Microsoft Teams」や「Word」「Outlook」「Excel」といった「Microsoft 365」アプリの品質および機能のアップデートをもたらすサービスだ

 Autopatchでは、顧客に代わってMicrosoftのエンジニアらが「Windows Update for Business」のクライアントポリシーとデプロイメント(配備)サービスツールを使用する。そして同サービスはテスト用のリング群を作成するとともに、ロールアウトの停止を監視し、可能であれば変更のロールバックすら実行するようになっている。

 同社は「Windows Autopatchは、顧客に代わってWindows Update for Businessのソリューションを使用するサービスだ」と述べている。

 Autopatchを利用するには、「Azure Active Directory(Azure AD)」、モバイルデバイス管理(MDM)サービス「Microsoft Intune」、およびWindows 10/11のサポート対象バージョンが必要だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]