編集部からのお知らせ
特集PDF1「導入期に入るマイクロサービス」
特集PDF2「DXレポート」

ウイングアーク1st、営業支援サービス導入--新規リード獲得数が561%増

NO BUDGET

2022-07-19 07:00

 ウイングアーク1stは、TISインテックグループのSales Labが提供する「オールインワンBPO型営業支援サービス」を導入した。Sales Labが発表した。

 同サービスは、営業プロセス全体を網羅する緻密な戦略立案のもと、営業対象となる「見込客」の創出から継続的な育成、訪問営業への確実な引き渡し、クロージングまで、商談成立に必要な全ての営業支援を実行するという。独自開発したインサイドセールスの活動を効果的に行えるプラットフォームを利用することで、自社でのツールの用意や利用に当たる教育が不要となる。

 ウイングアーク1stでは、インサイドセールスに取り組む中、年間数万件に及ぶリードに対する人員不足やインサイドセールスのノウハウ不足、新規顧客との関係構築ができていない、といった課題を抱えていた。

 同サービスを導入することにより、顧客との信頼関係を醸成する高品質なインサイドセールス体制の構築でき、BDR(アウトバウンドを主体とした「新規開拓型」のインサイドセールス)では新規案件獲得数が前年比561%増、重要業績評価指標(KPI)は145%という成果を挙げた。

 またSDR(インバウンドを主体とした「反響型」のインサイドセールス)では、Sales Labのメンバーが商談を160件以上創出した。これにより、同メンバーのインサイドセールスでのコールや成果の数・質がウイングアーク1stの社内メンバーの指標となり、顧客対応ノウハウ共有なども行えるようになった。

 

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]