編集部からのお知らせ
新着 記事まとめPDF「データセンター分散化」
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」

LPI-Japan、ITの仕組みを一般教養として学ぶツールを無償提供

ZDNet Japan Staff

2022-07-20 06:30

 LPI-Japanは7月19日、ITの全体像を一般教養として理解できることを目的にした「ITベーシック学習教材」を開発し、企業や教育機関などに無償提供すると発表した。

 LPI-Japanは、クラウドなどの技術やデジタルトランスフォーメーション(DX)などがさまざまな分野で身近になりつつある状況を踏まえ、「ITで何ができるか?」というITを活用していく能力が求められていると提起する。誰もがこの能力を身に付けられることを目的に、「ITベーシック学習教材」を開発したという。

 ITベーシック学習教材では、スマートフォンやSNSなど実際に日常的に使われているITサービスを題材として、それらを実現しているITの仕組み、ITと社会との関係性を理解できるよう「本編」「問題・演習課題」「講義用スライド」の3つで構成されている。

 本編は、教科書としての利用を想定。第1章の「スマホから見える世界の裏側にあるもの」から終章の「だからIT技術は君の未来につながっていく」まで、アプリケーションやサーバー、ネットワーク、クラウドコンピューティングなどの仕組みを、図やイラストを多用しながら解説。問題・演習課題と講義用スライドは講師用教材の位置付けで、教育関係者や一般企業の講師や教育推進の担当者、IT技術者などが受講者に分かりやすく講義が行えるよう支援する内容となっている。教材は「クリエイティブ・コモンズ・パブリック・ライセンス」に従っており、利用者が使いやすい形に改変して利用できるとしている。

教材のイメージ
教材のイメージ

 LPI-Japanは、今回の教材の改善や活用に継続的に取り組んでいくコミュニティーも創設。コミュニティーの理念に賛同して活動に参加できる人々に教材を無償提供する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]