マルチクラウドに向かう日本のIT、今と未来を知る

ZDNET Japan Staff

2022-07-20 11:00

 日本にクラウドコンピューティングが上陸したのは2005~2006年頃のこと。それから15年余りが経ち、現在ではクラウドの採用が当り前となったのはもちろん、複数のクラウドの利用も本格的に広がり始めた。これからのITの主流は、パブリッククラウドやプライベートクラウド、そしてオンプレミスを組み合わせた「マルチクラウド/ハイブリッドクラウド」になる。

 一方で、複数のクラウドを利用する上での複雑性や運用管理、セキュリティ対策の煩雑化といった各種の課題も大きなものとなってきている。マルチクラウド/ハイブリッドクラウド時代の到来に備えていま日本企業が取り組むべきは、まさにそれらを最適な形で利用していくための方針や戦略の確立と、その実践になるだろう。

 そこでZDNet Japanは、クラウドコンピューティングをその根幹である仮想化技術の時代から支えるヴイエムウェアと、日本企業がマルチクラウドを本格的に活用していくためのセミナー「Cloud Universe by VMware ~ マルチクラウドのパワーを手に入れる ~」を7月27日にオンラインで開催する。

 デジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みが本格化する中で、その推進を担うIT部門がこれからどうあるべきか、そして、マルチクラウドのテクノロジーを最適な形で利用していくために必要な戦略や、モダンアプリケーションプラットフォームの活用、セキュリティ対策など各種課題への対応について、先進的なユーザー企業の声を交えながら最新の情報を提供する。

 企業にとってマルチクラウドは、まぎれもなくビジネスの持続性と成長を支える重要なテクノロジーとなる。マルチクラウドの現在と未来が分かる本セミナーにぜひご参加いただきたい!

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]