編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

オラクルとマイクロソフト、「Oracle Database Service for Microsoft Azure」を提供開始

藤本和彦 (編集部)

2022-07-21 11:10

 日本オラクルは7月20日、新サービス「Oracle Database Service for Microsoft Azure」の提供を開始すると発表した。

 これにより、「Microsoft Azure」のユーザーは「Oracle Cloud Infrastructure」(OCI)のデータベースサービスのプロビジョニングやアクセス、監視が容易になる。Azure上でアプリケーションの移行や新規構築を行い、OCI上で稼働する「Oracle Autonomous Database」などのマネージドサービスと連携できる。

 OracleとMicrosoftがデータセンター間の相互接続サービス「Oracle Interconnect for Microsoft Azure」を始めたのは2019年。それ以降、世界11カ所のリージョンで日本を含め数百の組織が相互接続を使用している。2ミリ秒未満の低遅延やセキュアなプライベートネットワークを特徴とし、利用企業は15%のコスト削減や600%の性能向上などを実現しているという。

 Oracle Database Service for Microsoft Azureは、Oracle Interconnect for Microsoft Azureのコア機能に基づいて構築。ユーザーは、Azure上のワークロードとOCI上のデータベースサービスをより容易に統合できる。OCIとAzure間でデータを移動する際に料金はかからないが、「Azure Synapse」やAutonomous Databaseなど、その他のAzureまたはOCIのサービスを利用する際には料金が発生する。

Oracle Database Service for Microsoft Azureの仕組み
Oracle Database Service for Microsoft Azureの仕組み

 ユーザーはわずか数クリックでAzureサブスクリプションをOCIテナントに接続できる。AzureとOCIの連携に必要な全て自動で設定される。Azure Active Directory(Azure AD)のフェデレーション機能により、Azureユーザーは簡単にサービスを利用できるようになる。また、OCI上のデータベースサービスに対して、Azureの用語を用いた使い慣れたダッシュボードやAzure Application Insightsによる監視も提供する。

 米OracleでOracle Database Server Technologies担当Executive Vice Presidentを務めるAndrew Mendelsohn氏は「クラウド以前はマイクロソフトのアプリケーション環境とオラクルのデータベースが組み合わせて使われていたが、クラウド移行が進む中で、AzureとOCIでも同じことをやりたいという声があった。Azureのアナリティクスツールやアプリケーション開発ツールと、オラクルのデータベースサービスを合わせて使いたいというニーズが高まっている」と述べ、Oracle Database Service for Microsoft Azureをアピールした。

Azureライクなダッシュボード
Azureライクなダッシュボード

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]