編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

古河電工とシャープ、CATV事業者向けローカル5Gの商用化を検討

NO BUDGET

2022-07-26 12:59

 古河電気工業(古河電工)とシャープは、集合住宅などに設備投資を抑えて省スペースの高速・大容量の無線通信環境を構築できるケーブルテレビ(CATV)事業者向けローカル5Gソリューションの商用化に向けた検討を開始した。2023年中のソリューション提供開始をめざす。

 このソリューションでCATV事業者は、保有する既設ネットワークを活用し、光ファイバーを各住戸まで配線することが困難な集合住宅でも、設備投資を抑えて高速・大容量の無線通信環境を構築できるようになる。

ケーブルテレビ事業者向けローカル5Gソリューション 構成イメージ
ケーブルテレビ事業者向けローカル5Gソリューション 構成イメージ

 ソリューションは、古河電工のPON(Passive Optical Network)システムと、さまざまな5G機器を手がけるシャープのローカル5Gシステムを連携させたもの。PONシステムは、通信事業者の機械室と加入者間が光ファイバーと光信号分配器のみで構成されたシステム。

 また、古河電工が開発する加入者側光端末装置(ONU)とシャープが開発するローカル5G基地局を一体化し、スペースが限られる集合住宅での設置性が向上させる。各住戸に専用端末を設置すれば、高速・大容量の通信サービスが提供可能になるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]