イトーヨーカ堂、人事データベース構築に「COMPANY」を導入--約80%の申請書類削減に期待

寺島菜央 (編集部)

2022-07-26 13:32

 イトーヨーカ堂は、統合人事システム「COMPANY」の導入を決定した。これにより、人事情報の一元管理と従業員の利便性向上につなげるという。同システムを提供するWorks Human Intelligence(WHI)が7月26日に発表した。

 イトーヨーカ堂は、日本国内に総合スーパーを128店舗展開しており、パートやアルバイトを含めた約3万7000人が勤務している。店舗や本社で働く従業員が本来やるべき業務に注力できる環境を作るため、「COMPANY人事」と「COMPANY Web Service」の導入を決めたという。

 導入後は、書類や表計算ソフトなどで管理している人事情報をCOMPANY上で一元管理。各店舗の給与計算や独自の福利厚生制度に対応することで、店舗と人事部門双方の業務効率化につなげる。

 また、COMPANY Web Serviceでは、従業員が人事部門に提出する各種申請業務をウェブサイト上で行える。従来は申請の際に紙の書類を使っていたが、ウェブサイトでの申請が可能になることで人事申請書類を約80%削減できるとしている。

 同システムは、デジタルツールの利用に慣れていない従業員も利用しやすいユーザーインターフェース(UI)となっており、幅広い年齢層の従業員が人事申請業務を円滑に行えるという。また、個人のスマートフォンから住所変更などの手続きが可能になる。

 8月には、入社手続き業務をサポートする「COMPANY 雇用手続管理」の導入を予定しており、さらなる業務効率化につなげる構えだ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    2023年OTサイバーセキュリティの現状レポート--75%の組織が過去1年間に1回以上の侵入を経験

  2. セキュリティ

    サイバーセキュリティ強化に向けてマイクロソフトが示す実践的な指針を紹介

  3. セキュリティ

    5分でわかる「AWS WAF」--基礎知識から運用で陥りやすい3つの落とし穴までを徹底解説

  4. セキュリティ

    最前線で活躍するトップランナーと本気で考える、これからのサイバーセキュリティ

  5. 経営

    ガートナーが指南、迅速な意思決定を促す「AI」活用を実践する3つの主要ステップ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]