編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」
Gartner Summit

脆弱性管理を改善する4つのマトリクスと優先順位付け

國谷武史 (編集部)

2022-08-03 06:00

 脆弱性はセキュリティリスクであり、その内容や深刻度、影響度などを踏まえて適切に対応しなければならないが、とにかく煩雑である。そうした状況を改善する方法について、7月25~27日に開催された「ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメント サミット2022」で、米Gartner ディレクター アナリストのAndrew Davies氏が解説してくれた。

米Gartner ディレクター アナリストのAndrew Davies氏
米Gartner ディレクター アナリストのAndrew Davies氏

 脆弱性対応は、その情報が開示されると、担当者が内容を把握、理解して対処を判断する。修正プログラム(パッチ)があればその適用が望ましいが、脆弱性を抱えるシステムの利用者への影響を考慮すると、すぐには難しい。脆弱性の影響範囲や深刻度といった状況を分析しつつ、パッチ適用による問題発生の有無も検証し、適用するタイミングや方法を検討していく。パッチが用意されないケースも多く、その際には回避策による対応を考えなければならない。そもそも脆弱性自体があまり深刻でないようなら、いったん様子見をするという判断もあり得る。

 Davies氏は、脆弱性管理の担当者がこうした対応を判断する上で、膨大なレポートの山に対峙(たいじ)しなければならず、作業の負担がとても重いと指摘する。そこで同氏は、Dwight Eisenhower米元大統領の方法論を提案した。「Eisenhowerは、実はプロセスと手順に基づく最適な意思決定方法を確立した人物でもあるからだ」(Davies氏)

 その方法のポイントは、シンプルに「何が緊急か?」「何が重要か?」の2つ。ここでいう「緊急」とは今必要とされる行動であり、「重要」とは放置すればいずれ悪影響が生じる行動になるという。Eisenhowerは、この観点で縦軸に重要度、横軸に緊急度を置き、4つのマトリクスとして、左上に当たる位置から時計回りに「決定」「実行」「委任」「削除」を設定した。

4つのマトリクス、出典:Gartner(2022年7月)
4つのマトリクス、出典:Gartner(2022年7月)

 この4つのマトリクスについて、まず「決定」は、重要だが緊急ではないものになる。確実に行うものだが、急ぐべきではなく、脆弱性管理では通常のプロセスでいずれ対応すべきものが該当する。ただ、問題が顕在化する可能性をもあり、監視すべきでもある。

 2つ目は「委任」で、これも確実に行うべきものだが、必ずしも自分が行う必要はないもので、その分野の専門家に代行してもらえるものになる。脆弱性管理では、パッチの適用などが該当するという。

 3つ目が「削除」だ。これは重要でも緊急でもないもの。これを実行しようとすると、かえって無駄になり、空きリソースを消費するだけになる。脆弱性管理では、最もリスクの低い部類の事象が該当する。

 最後は「実行」で、重要かつ緊急なものになる。Davies氏は、この「実行」が最も大切だと指摘し、その担当者自身が行うべきものになると解説する。脆弱性問題では、2021年12月に発覚した「Apache Log4j」がこの事象に該当する代表例になるという。4つのマトリクスでは最も高次だが、これに該当するものの発生頻度といった数は、それほど多いわけではない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]