編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

「Google Workspace」、「Android」デバイス向け新機能を提供--ドラッグ&ドロップ機能など

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-07-27 14:16

 「Android 13」によるタブレットデバイスの強化を目前に控え、Googleは米国時間7月25日、「大きな画面を搭載した『Android』端末」向けの「Google Workspace」新機能をリリースすると発表した。

タブレットを見ている男性
提供: Getty Images/Ezra Bailey

 Android搭載タブレットの選択肢は限られているものの、Appleの「iPad Pro」に対抗できる製品は、Lenovoの「Lenovo Yoga Tab」やサムスンの「Galaxy Tab S8 Ultra」など、いくつか存在している。

 Googleは2019年の「Pixel Slate」を最後にAndroidタブレット市場から撤退したが、2022年にはAndroidタブレットの劣勢を挽回できるかもしれない。同社は最近、タブレットや折りたたみ式スマートフォン向けの性能強化を図る目的で、「Android 12」の新たなバージョンである「Android 12L」とともに、近々リリース予定の「Android 13」のベータ版も提供している。また5月には、同社独自のタブレット「Pixel Tablet」の提供も発表している。ただし、同タブレットが実際に提供されるのは2023年の見込みだ。

 ドラッグ&ドロップ機能やキーボードショートカットのサポートなど、Workspaceに対するアップデートにより、「より大きなディスプレイ」を搭載したAndroidデバイス上での「Google ドライブ」や「Google ドキュメント」「Google スプレッドシート」「Google スライド」「Google Keep」の利便性が改善される。また、Googleドライブのウィンドウを並べて表示させることも可能になる。

 Androidの製品管理シニアディレクターのScott Blanksteen氏は、「(われわれは)2022年に、タブレットのような大型ディスプレイ搭載デバイスを利用しやすくすることを目的としたソフトウェアアップデートとして、Android 12Lをリリースした。そして年次開発者会議『Google I/O』において、大型ディスプレイで利用可能になる新たな画面領域を最大限に活用するために、20を超えるGoogleアプリをアップデートしていくという計画を発表した」と述べた。

 「まず、われわれはGoogle ドライブやGoogle ドキュメント、Google スプレッドシート、Google スライド、Google Keepのアップデートにより、Google WorkspaceアプリをAndroidの大型ディスプレイでより効率的に使えるようにした」(Blanksteen氏)

 Androidタブレットのユーザーは、Google ドキュメントやGoogle スプレッドシート、Google ドライブ間でのマルチタスク作業時にドラッグ&ドロップが利用できるようになる。また、「Google Chrome」やGoogle スプレッドシートからテキストや画像をドラッグして、既存のGoogle ドキュメントやGoogle スプレッドシートのドキュメント/スプレッドシートにドロップしたり、またその逆の操作をしたりできるようになる。

 さらに、Google ドライブではドラッグ&ドロップでファイルのアップロードが可能になる。また、Google KeepのようなアプリにドラッグすることでGoogle ドライブのファイルへのリンクを追加できるようになる。

ドラッグ&ドロップでファイルを移動 提供:Google

 そして、Androidタブレット上では、2つのGoogle ドライブのウィンドウを並べて表示できるようになる。これにより、現在のビューを閉じたり、何度も戻るボタンをタップしたりすることなくコンテンツを確認できる。

なお、同社のブログによれば、Google ドライブでのキーボードショートカット、ドラッグ&ドロップ、2つのウィンドウの表示機能はすでにリリースされている。Google ドキュメント、Google スライドでのキーボードショートカット、Google ドキュメントとGoogle スプレッドシートでのドラッグ&ドロップ機能は7月28日以降段階的にリリースされる予定だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]