編集部からのお知らせ
新着 記事まとめPDF「データセンター分散化」
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」

ルームクリップ、SaaS型製品データ基盤を導入--ECサイトの商品情報をAIで自動取得

NO BUDGET

2022-07-28 10:26

 インテリア専門SNSを展開するルームクリップは、製品データ基盤のSaaS「Lazuli PDP」を導入した。同社が運営するECサイトの商品情報を整理し、充実させるための人工知能(AI)ソリューションとして活用する。Lazuliが7月26日に発表した。

 Lazuli PDPは、複数の外部データベースに点在していた商品情報を一括して管理し、またデータを活用しやすい形に整理、拡張するための製品データ基盤(PDP)サービス。メーカーや小売業者、製薬業者などが保有する多様な商品マスターデータを、AIを活用して名寄せし、効能や製品の特徴からメタタグの付与や関連付けを行う。

 ルームクリップは、家具や家電、雑貨などインテリアの写真を投稿・閲覧できる、住生活の領域に特化したSNS「RoomClip」を運営している。月間ユーザー数は600万人、写真枚数は500万枚を超える。

 同社は3月から、投稿された写真を参考に、実際に商品を購入できる「RoomClipショッピング」の運用を開始している。RoomClipショッピングでは、約10万点の商品が、ユーザーの投稿写真とともに紹介されており、実際に購入することが可能だ。

 Lazuli PDPの導入目的は、商品のサイズや色、類似品との違いについて詳細な情報を効率的に整理し、高精度かつ充実した商品情報を提供すること。ルームクリップでは、実際のユーザーから投稿された写真と、Lazuli PDPにより整理、拡充された情報を組み合わせることで、顧客体験価値の向上と利益増を実現するプラットフォームの構築を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]