編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

栗田工業、経理業務変革プラットフォーム導入で経理業務を可視化・効率化

NO BUDGET

2022-08-02 18:39

 栗田工業は、経理業務のプラットフォームとして「BlackLine」を導入し、2021年9月期から決算業務を同システムで対応して決算開示にかかる日数を短縮した。ブラックラインが発表した。

 栗田工業は、BlackLineの「タスク管理モジュール」を導入することで、決算に関わる多数の業務をBlackLine上で網羅的に把握し、進ちょく状況を可視化してタスクの漏れや手戻りを削減した。従来、四半期期末日から35日で開示していたが、2021年度第1四半期決算から四半期末日~翌月内で開示できるようになった。

 BlackLineは、経理業務プロセスの可視化、標準化、自動化、統制強化を実現するクラウド型の経理業務変革プラットフォーム。決算業務を中心に、既存の会計システムなどでカバーされない手作業をデジタル化することで、経理人材のスコアキーパーからビジネスパートナーへの移行を支援する。また環境に左右されることなく持続可能かつリアルタイムにグループ全体の経理データを可視化することで、ガバナンスの強化や意思決定の迅速化にも貢献する。

 栗田工業は導入の効果として、決算業務から付加価値業務へ移行しやすくなったことや、進ちょく状況の可視化、承認フローの一元化、四半期決算の早期化などを挙げている。業務標準化、可視化、ペーパーレス化などの効果も生まれたという。

 同社は2021年4月からBlackLine導入し、9月決算期から稼動させている。経理業務の一部属人化により決算業務工数や監査対応工数が多く、決算開示日数にも長期間を要するという課題があった。さらに、企業経営を支える付加価値業務へと財務経理人材の業務を移行させたいという要望も高まっていた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]