編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

リース、PayPay銀行と提携--クラウド上で家賃の入金確認ができるサービスを提供

寺島菜央 (編集部)

2022-08-05 17:45

 家賃保証会社向け業務支援SaaS「smetaクラウド」などを展開するリースは8月5日、PayPay銀行と提携したことを発表した。併せて、PayPay銀行の「ワンタイム口座」とサービス連係させることで、smetaクラウド上でエンドユーザーからの家賃の振込状況をリアルタイムに確認できるサービスの提供を開始した。

 リースは、不動産と金融を切り口に信用経済社会(評価経済社会)における与信プラットフォームの構築を目指すスタートアップ。smetaクラウドは、入居審査や契約、入出金管理、滞納業務のペーパーレス化や効率化に加え、代理店・顧客・契約情報をクラウドで一元管理できる。

 今回、同サービスに導入したPayPay銀行の「ワンタイム口座」は、取引先ごとに専用の口座番号を割り振ることで、口座番号から振込人を特定できる入金照合サービスだ。

 ワンタイム口座の導入により、専用の口座番号から振込人を特定することができ、記帳やネットバンキングで振込状況を確認する手間を省くことができる。これにより、家賃の入金確認の時間を大幅に短縮し、家賃債務保証業務の効率化を促進する。

smetaクラウドとPayPay銀行のワンタイム口座の連携イメージ
smetaクラウドとPayPay銀行のワンタイム口座との連携イメージ

 また、同姓同名などで判別が難しい振込入金でも、ワンタイム口座への振り込みとsmetaクラウド上の請求明細の突き合わせにより、スムーズで確実な消込処理が可能になる。

 ほかにも、振り込みの際に振込依頼人名の変更が必要ないため、振込人の負担やミスの軽減にもつながるという。リースは今後も、不動産業界における賃貸領域と売買領域のシームレスな連係に取り組んでいく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]