編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

紀伊國屋書店、クラウド型名刺管理・営業支援ツールを導入--セールスDXを推進

NO BUDGET

2022-08-22 11:05

 紀伊國屋書店は、クラウド型名刺管理・営業支援ツール「ホットプロファイル」を導入した。同ツールを提供するハンモックが発表した。

 ホットプロファイルでは、「名刺管理」「営業支援(SFA)」「見込み客発見」の統合により、企業の売上アップや生産性の向上につなげる。同ツールには、獲得した見込み客データの名寄せや、企業属性、独自に追加したい契約情報などを付与できる統合データベースを搭載している。また、営業施策に加えてウェブサイトへのアクセスログ、メールの開封といった顧客のリアクションを統合管理できる。リアルタイムでの情報一元化と可視化により、顧客データを活用した効果的な営業施策を可能にするという。

 紀伊國屋書店の外商部門ではこれまで、取引先と交換した名刺は各担当者が管理し、商談後の営業報告は電子メールやビジネスチャットツールなどを利用していた。しかし、情報が社内に散在し、必要な情報がどこにあるのか、誰が管理しているのか一目で把握することが難しく、引き継ぎや情報共有に時間や手間がかかるという課題を抱えていた。

 今回の導入により、名刺を登録するだけで顧客データベースの作成が可能になったという。名刺情報を起点として営業報告を時系列に蓄積、管理できるため精度の高い引き継ぎや営業情報のスムーズな全社共有につなげる。

 また、ウェブサイトで公表された人事異動や企業ニュースを自動で取得し通知するため、顧客の最新情報をすばやく把握し営業活動に生かせるのではないかと期待を寄せている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]