編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」
海外コメンタリー

「ハッカーのサマーキャンプ」Black HatとDEF CONを体験--コロナ後初の大規模開催

Bree Fowler (CNET News) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2022-09-02 06:30

 セキュリティの専門家がロシアによるウクライナ侵略戦争や、中国と台湾の間で高まっている軍事的緊張に端を発するサイバー攻撃についての懸念を表明していたかと思えば、ネバダ州ラスベガスにあるアレジアントスタジアムのパーティーの会場ではElijah Wood氏(そう、あの映画「ロード・オブ・ザ・リング」のフロドを演じた人物だ)がDJを務めていた。

「Black Hat」カンファレンスでのChris Krebs氏の講演風景
ラスベガスで開催された「Black Hat」カンファレンスでのChris Krebs氏の講演風景
提供:Bree Fowler/CNET

 「Black Hat」と「DEF CON」にようこそ。この2つのセキュリティ/ハッキングカンファレンスは、業界から「ハッカーのサマーキャンプ」と呼ばれている。

 サイバーセキュリティのプロフェッショナルをはじめとする、さまざまな背景を有する人たち数万人が毎年、これらの併催されるイベントのためにラスベガス・ストリップに集結する。最新のサイバーセキュリティ技術と、そういった技術を突破するために利用されている創造的な手法についての知見を得るためだ。

 8月の初めから、まずBlack Hat、続いてDEF CONという順で開催された今回のイベントでは、ウクライナで繰り広げられている侵略戦争から、11月に実施される米国の中間選挙に至るまでの地政学的要素が大きく影を落としており、サイバー攻撃がわれわれの日常にまで広がってきていることを実感させられた。

 よりビジネス側に目を向けたテーマを取り扱うBlack Hatカンファレンスの講演に登壇した米サイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁(CISA)の元長官であるChris Krebs氏は、中国が台湾に侵攻するという状況を特に憂慮しており、参加企業に対して早急に影響を把握するよう促していた。

 その週の後半に開催された、ビジネスという観点に縛られていない若いプロフェッショナルを引きつけることで知られているDEF CONでは、誤った情報と、選挙におけるセキュリティについて、そして電動車いすのような修理の難しい医療機器を自らでハックし、修理する権利についてが、大きな話題となっていた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]