富士通、「モダナイゼーションナレッジセンター」を新設--DX基盤整備を支援

NO BUDGET

2022-09-05 07:33

 富士通は、デジタルトランスフォーメーション(DX)の実現に向けて、既存情報システムを抜本的に見直し、最新化する「モダナイゼーションサービス」を強化する。

 これに関連してモダナイゼーションに欠かせない技術情報やノウハウ、知見を集約するセンターオブエクセレンス(CoE)として、「モダナイゼーションナレッジセンター」を新設した。

 同センターは、(1)社内外の知見の収集・整理、(2)情報共有の推進、(3)各種ツールやサービスを提供する専門パートナーとの連携、(4)商談・技術支援、(5)デリバリー実践に基づく知見へのフィードバック、(6)顧客システムのモダナイゼーション実施状況把握などの機能を有する。9月より日本国内でのサポートを開始し、欧州、北米をはじめグローバルでのサポートを順次開始する。

富士通の「モダナイゼーションサービス」の強化
富士通の「モダナイゼーションサービス」の強化
モダナイゼーションのプロセス
モダナイゼーションのプロセス

 同社では「モダナイゼーションサービス」を「業務・資産可視化」「グランドデザイン」「情報システム全体のスリム化」「モダナイズ」の4ステップに分けている。また、顧客自身でモダナイゼーションを実施する場合は、モダナイゼーションに関する技術支援も実施する。

 業務・資産可視化では、各種プロセスマイニングツールを活用した業務プロセスの可視化、マスターデータの棚卸し・データアナリティクスによるデータの可視化、アプリケーションの可視化を実施する。アプリケーションの可視化では、同社のソフトウェア地図によるアプリケーションの構造分析、稼働資産分析、類似分析、資産特性分析、システム相関分析を実施する。ソフトウェア地図は、業務のための機能や役割を実現している機能コンポーネントを自動発見するマイニング技術と、発見した機能コンポーネントに基づいてアプリケーションの全体像を地図として可視化するツール。

 グランドデザインでは、Ridgelinezおよびコンサルティングパートナーと連携し、エンタープライズアーキテクチャー(EA)に関する手法の一つであるThe TOGAF Standard(国際標準化団体「The Open Group」におけるエンタープライズアーキテクチャーの方法論とフレームワーク)などにより、グランドデザインを作成していく。

 情報システム全体のスリム化では、ほとんど使われていないにも関わらず、維持・稼働している情報システム資産を可視化し、稼働システム内の資産をスリム化していく。

 モダナイズでは、顧客の個別情報システムに応じて、各種ツールによるリライト、リホスト、再構築、サービス移行などを適用し、モダナイズしていく。IT基盤に関しては、「Fujitsu Uvance」の「Hybrid IT」をベースにパブリッククラウドやプライベートクラウドへの移行を支援する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]