編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」
調査

ランサムウェアが2022年上半期に急増--バラクーダネットワークス調査

NO BUDGET

2022-09-06 14:48

 バラクーダネットワークスは、セキュリティ脅威レポート「バラクーダの注目する脅威:ランサムウェアについての知られざるエピソード」を発表した。

 同レポートでは、2021年8月から2022年7月に発生したランサムウェアの攻撃パターンを調査した結果を取りまとめている。それによると、検出されたランサムウェアの脅威の量が2022年1~6月に急増し、1カ月当たり120万件以上となった。

バラクーダSOCチームによって検知されたランサムウェア攻撃の量
バラクーダSOCチームによって検知されたランサムウェア攻撃の量
ランサムウェア攻撃(業界別)
ランサムウェア攻撃(業界別)

 調査員が106件の大きく報道された攻撃を分析した結果、依然として5つの主要産業(教育、医療、自治体、インフラ、金融)が主な標的となっており、これら5つの業種それぞれで前年より増加した。一方で、その他の業種に対する攻撃は2021年のレポートに比較して2倍以上増加しているという。

ランサムウェア攻撃(業界別、2021年と2022年の比較)
ランサムウェア攻撃(業界別、2021年と2022年の比較)

 また、自治体への攻撃がわずかに増加したが、過去12カ月間の同社の分析では、教育機関へのランサムウェア攻撃が2倍以上、医療および金融業界への攻撃が3倍に増加したことが確認された。

 その他の業界では、サービスプロバイダーが最も打撃を受け、自動車、ホスピタリティー、メディア、小売、ソフトウェアおよびテクノロジーの各組織に対するランサムウェア攻撃も全て増加していることが分かった。

 同社では、調査結果から多くのサイバー犯罪者が大規模組織へのアクセスを試みるために、小規模な企業をターゲットにしているとし、セキュリティプロバイダーは企業顧客の規模に関係なく、簡単に使用および実装できる製品の提供が不可欠だとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]