Linuxノウハウ

「Linux」でコマンドラインからユーザーとグループを作成するには

Jack Wallen (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-09-08 07:35

 「Linux」はマルチユーザー環境なので、一度に複数のユーザーがシステムを使用できる。確かに、ほとんどの場合、それは(SSH経由の)コンソールアクセスという形で実行される。2人のユーザーがデスクトップGUIに同時にログインするのは、容易ではないからだ(ただし、複数のユーザーがSSH経由で「X11 GUI」アプリケーションを転送するのは、簡単である)。重要なのは、(必要であれば)Linuxシステムには何百人ものユーザーを含めることができる、ということだ。実際に試す必要はないが、Linuxサーバーは42億9496万7294人の個別のユーザーを同時に処理することができる。

 あなたが本格的な管理者であれ、一般のユーザーであれ、新しいユーザーとグループをLinuxシステムに追加する必要性がいずれ生じる可能性は、十分にある。

 本記事では、その手順を紹介する。

必要なもの

 コマンドを使用してユーザーとグループを作成する手順は、使用するLinuxディストリビューションに関係なく全く同じなので、ディストリビューションの種類は重要ではない。ただし、これは管理タスクなので、sudo権限を持つユーザーが必要である。

 それでは、ユーザーとグループを作成する手順を見ていこう。

新しいユーザーを作成する

 最初に、新しいユーザーを追加する。ここでは、oliviaというユーザーを追加するが、ユーザー名は好きなものに置き換えてもらっても構わない。

1. デスクトップまたはサーバーにログインする

 この新しいユーザーを作成するには、デスクトップまたはサーバーにログインする。GUIがある場合は、ターミナルウィンドウを開いて、必要なコマンドを実行する必要がある。

2. 新しいユーザーを作成する

 ターミナルウィンドウから、以下のコマンドを実行して、oliviaというユーザーを作成する。

sudo adduser olivia

 上記のコマンドは、いくつかの質問をする。

  • 新しいパスワード(追加するユーザーの新しいパスワードを入力して確認する)
  • フルネーム
  • 部屋番号
  • 職場電話番号
  • 自宅電話番号
  • その他

 質問に答えた後、入力した情報が正しいか確認するように求められる(「Y」または「N」を入力する)。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]